【ケース問題を徹底解説】自社の現状が市場分析や打ち手を大きく限定する場合の対策とは

はじめに

今回も、現役のコンサルタントの方にケース問題の解答方法について徹底解説していただきました。ぜひご覧ください。

第1回:【ケース問題を徹底解説】正確な現状分析を踏まえた、矛盾のない解答とは?

第2回:【ケース問題を徹底解説】差の決定的要因がどこにあるのか、具体的に考えてみる

description

導入: 本コラムの趣旨

本来のケース面接では、現状整理や課題の特定など、様々な考えるべきプロセスや論点があり、複数の重要なポイントがあります。しかし、これらの重要なポイントを、いきなりフルセットで学習するのは、難易度が高いと思われます。

そのため、本コラムでは、それらのプロセスや論点から、一部分を切り出した問題を出題し、それに対する解説に絞ることで、学習内容や解説内容を明確にしたいと思います。

Liigaコロッセオにて出題された問題を利用しますので、ぜひコロッセオを解いたうえで、本コラムを読んでみてください。今回解説するのは、以下の問題です。

現在、あなたは友達から相談を受けています。

この友達は、長い間、大学の工学研究科でVR(Virtual Reality)の研究をしていましたが、つい最近、大学の研究と並行して、VRのベンチャー企業を立ち上げました。

この友達にヒアリングしたところ、「VRを広く普及させ、多くの人にVRを楽しんでもらいたい」というのを、会社設立のモチベーションとしているようです。

この会社は、まだ立ち上がったばかりです。まず、この会社の今後の方針・戦略を策定する必要があります。

さて、方針・戦略は、その主体(友達)のおかれた状況を加味して作成する必要があります。単純な、一般論としての「VR市場に新規参入して売上を伸ばす」方法を提案するのは、あまりいいとは言えないでしょう。

まず、方針・戦略を策定するうえで、”大きな影響”を与える要素・要因を、今回の友達の状況や特徴から、推測を含めて洗い出してください。次に、それぞれの要素・要因が、方針や戦略にどのような影響を与えるのか、述べてください。


問題を解きたい方はこちら

自社(友達)の状況を整理してみよう

さて、今回の問題文の後半は、友達についてよく考えるように指示されています。

今回のVRで起業したい友達は、どのような特徴を持っているのでしょうか。このような場合は、問題文を「因数分解」してみるのが一番です。問題文を読んでいくと、以下のような特徴を抽出できます(今回の解説は、いったん以下の3つのみ言及します)。

  • 大学の研究者である
  • VRの研究をしている
  • VRの普及が目的である

さて、それぞれの特徴が、方針や戦略を考えるにあたって、どのような影響を与えるのか考えていきましょう。

「一般的な概念」と「比較」しながら整理してみよう

さて、物事の特徴を整理するうえで、「比較」を活用すると、考えが深まりやすくなります。今回の例では、「あまり特徴的でない、一般的なもの」を想定しつつ、比較を実施してみましょう。

一般的な概念との比較: 大学の研究者である

さて、新しいビジネスを始める場合、「起業家」か「社内の新規事業を担当するサラリーマン」が一般的であると思われますので、これらを比較対象としてみましょう。

まず、研究を行っている以上、起業家やサラリーマンのように、フルタイムでベンチャーに時間や労力をかけられません。つまり、ベンチャーに投下できる「時間・労力に制限がある」ことになります。

次に、サラリーマンや起業家は、今まで何かしらのビジネスを行ってきた経験がある可能性が高いですが、大学の研究者はビジネス経験が少ない・ゼロの可能性が高いです。つまり、「一般的なビジネススキルに乏しい」と想定されます。

さらに、資金面にも違いがあります。サラリーマンであれば、会社が予算を用意していますし、起業家であればこれまで貯めたお金やベンチャーキャピタルからの出資金などもあると想定されます。

しかし、研究者がこのようなバックアップをすでに持っている可能性は低く、またバックアップを得るためのノウハウも乏しいと考えられます。つまり、「資金力に乏しい」ことになります。

一般的な概念との比較: VRの研究をしている

次に、友達が「VRの研究をしている」という部分ですが、一般的に起業する場合、何かしらの「ビジネス経験がある」といったパターン(明確な技術シーズを所有しているわけではない場合)も多いと思いますので、それと比較してみましょう。

これは、簡単な話なのですが、研究テーマの成果に、「VRに関する何かしらの良いシーズを持っている可能性」が想定されます。そもそも、研究と並行してまで起業するということは、「他の主体が持たない何かしらの研究成果」やそれを生み出すアイデアなどがある可能性を想定できます。

一般的な概念との比較: VRの普及が目的である

今回の目的が、VRの普及となっていますが、そもそもビジネスを行う動機は、「大きな所得を得る」とか「大きな売上・利益を生む会社をつくる」などが一般的だと思いますので、これらと比較します。

まず、もしこの友達が「お金儲け」をしたいのであれば、大学の研究を続ける意味は小さいと想定され、大学の研究と「並行」するのではなく、ビジネスに専念するのが自然でしょう。

そのため、何かしらの技術やノウハウを社会に還元させたいと考えていると想定されます。よって、文面を真に受けて、「必ずしも大きな売上を上げる必要はない」と考えても差し支えないでしょう。

方針や戦略に影響を与える自社の特徴のまとめ

以上のように、3つの特徴を考慮するだけでも、以下のように様々な要素が抽出できます。

  • 投下できる時間や労力に制限がある
  • ビジネススキルや経験に乏しい
  • 資金力に限界がある
  • VRに関する何かしらの良いシーズを持っている可能性がある
  • 高い売上を上げることに、大きな興味はない

さて、上記のようなことを考慮すると、方針や戦略はどのような影響を受けるのでしょうか。

方針・戦略への影響: 今回の依頼主は、事業展開の制限が大きく、方針や戦略が制限される

3Cの自社以外の視点: 競合の視点を考える

さて、上記の友達の特徴の整理は、3Cでいえば「自社」に当たる内容です。そのため、競合や市場にあたる視点も考えてみましょう   VRの競合として、どのような主体が考えられるでしょうか。ここでも、「比較」をもとに考えてみましょう。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2017-07-23

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。