×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

コンサルの次は何をする?ポストコンサルに人気の経営企画ポジション

はじめに

皆さんの中には、コンサルティングファームへの勤めている、あるいは転職をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

コンサルティングファームは様々な業界から転職することが可能な点が特徴の1つですが、コンサルティングファームから転職する場合も、同業のコンサルティングファームを始めとして、ベンチャー企業、投資ファンド、商社など様々なフィールドでキャリアを築いていくことが可能です。

特に近年キャリアの選択肢が多様化する中で、コンサルティングファームから「ポストコンサル」として事業会社の経営ポジションへの転職人気が高まりつつあります。コンサルタントのネクストキャリアとして、事業会社の経営ポジションについてまとめましたので是非ご覧ください。

description

ポストコンサルとは?

近年ではベンチャー企業を初めとする事業会社でコンサルティングファーム出身者を積極的に採用しており、「ポストコンサル」という言葉を耳にする機会も増えているのではないでしょうか。

一般にポストコンサルとはコンサルティングファーム出身者のことを指し、近年では認知度も広まりつつある言葉です。コンサルティングファームにはマッキンゼーやベイン&カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループを代表とする戦略系ファームやBIG4を初めとした総合系ファーム、IBMを代表とするIT系ファームなどが存在し、コンサルティングファーム出身者として一括りにできない部分はあります。

しかし、どのファーム出身者でも共通するものとして、それぞれの部門における専門知識や高いビジネススキル、そして多岐に渡るプロジェクト経験による普遍的な問題解決能力などが転職市場では高く評価されており、コンサルティングファーム出身者は様々な企業に引っ張りだこのようです。

このように転職市場において非常に市場価値の高いコンサルティングファーム出身者を総じてポストコンサルと呼ぶようになりました。ポストコンサルは20代、30代の若さで事業会社のマーケティング戦略や新規事業責任者など企業の事業の中核を担うポジションに中途で入社することが可能な点が大きな特徴でしょう。

ポストコンサルが求められる事業会社の経営ポジション

前述のとおり、ポストコンサルの人気の転職先の1つとして事業会社の経営ポジションがあげられます。Liigaではどのような求人があるのでしょうか。

それぞれ経営戦略や全社トップイシューの改善などその企業の経営の中核を担うポジションであることが伺えます。また必要なスキル・経験として戦略思考レベルの高さやコンサルティングファーム経験と明記されていることは非常に特徴的です。もちろんコンサルティングファーム経験者でなければこのポジションを掴めないということはありませんが、ポストコンサルが好まれることは事実のようです。

事業会社における経営ポジションの魅力

コンサルティングファームから事業会社へ転職するとなると、待遇が下がってしまう可能性も非常に高いですが、それでも事業会社へ転職する方が後を絶たないことは事実です。ポストコンサルの方々にとって事業会社の経営ポジションにはどのような魅力があるのでしょうか。

経営ポジションと言っても経営企画や社長室、経営戦略など企業によって求めているポジションやその呼び方、機能は異なり、一言で表すことは難しいのが現状です。ただ共通しているのは、外部からアドバイスを行うコンサルティング業とは異なり、その企業の人間として主体的に経営上の課題解決や経営戦略の策定に携わっていくことができる点です。

もちろん事業の成否による責任というのは自分自身に大きくのしかかってきますが、若手のうちから自分の力で事業を推進させることで得られるやりがいというのは何にも代えがたいものであると言えるでしょう。

ポストコンサル転職例


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
戦略コンサルティングの募集はこちら
date_range 2017-08-01

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。