商品開発の仕事内容とは?年収・キャリアパス・求められる資格や経験
2022/12/01

description

食品や医薬品・化粧品の商品開発は人気の仕事で、就職・転職の際に候補に入れる人も多いでしょう。商品企画との違いや具体的な仕事内容、年収やキャリアパス、転職時に求められる資格や経験を確認しましょう。



商品開発とは

商品開発とは、商品のイメージやアイデアを具体化し、実際の商品として形にする仕事です。ただ具体化するだけでなく、製造過程やコストなども考慮した上で、ビジネスとして成立する商品にすることが求められます。

新商品の開発だけでなく、既存商品の改良にも携わります。新商品の開発では市場理解とアイデア具現化が中心になるのに対し、既存商品の改良は課題分析と改善提案が重視されます。

商品企画との違い

商品開発と混同されがちなのが「商品企画」の仕事です。
商品企画は商品のアイデアを生み出すのが仕事で、「0から1を作る仕事」です。商品のコンセプト、狙いたいターゲット、大まかな価格、その他の重要な要件を決めていきます。 こうして作られた企画を、具体的な商品にするのが商品開発です。「1を10にする仕事」であり、商品にするための具体的な仕様や価格を決めていきます。原材料、製造過程、コスト・利益など詳細まで具体化をしていきます。

会社によっては、「商品企画と開発を同じ人が担当する」「同じ部署の中で役割分担する」というケースも少なくありません。

具体的な仕事内容

商品開発の仕事は、大きく以下の4つのステップで進みます。

1. 情報収集・分析
2. 商品の具体化
3. 社内の承認・合意形成
4. 販売開始に向けたスケジュール作成や必要リソースの確保


商品企画を具体化する上で最初に取り組むのが、情報収集と分析です。新商品開発の場合には、消費者ニーズ、競合の動向、自社の技術や製造設備など市場をしっかりと把握することが求められます。

既存製品の改良の場合には、販売データや顧客の声などを踏まえながら、課題や改善の余地がないかを分析します。

情報収集・分析が終わったら、いよいよ商品化に向けて具体的な仕様を考えていきます。分析結果を踏まえながら、実現可能で競争力がある商品にすることが求められます。

商品の具体化ができたら、経営による承認を得て関連部門との合意形成をしていきます。承認を得るためには、「この商品は本当に売れるのか」を判断するのに足るだけの論理的な説明や具体的なシミュレーションが求められます。 また商品の製造や物流に関わる部門との合意形成も重要な仕事です。要件を明確に伝えるだけでなく、関連部門の提案にも耳を傾けながら、商品化の方法を探っていきます。

社内の承認や合意を取り付けたら、いよいよ製造や販売に向けて動いていきます。製造・販売に向けたスケジュールを具体化し、原材料や製造ラインを確保していきます。 場合によってはテストマーケティングを行うこともあります。その結果は、商品のブラッシュアップ、本格的な製造販売に向けた最終判断、広告やプロモーションの最終化などに活用します。

商品開発に求められるスキル

上記で紹介したように、商品開発には情報収集・分析や社内の合意形成など様々な仕事があります。そのため、以下のような多様なスキルが求められます。


  • 市場分析の能力
  • 戦略立案の能力
  • コミュニケーション能力
  • デザインツールのスキル


情報収集や分析を行う上では、市場分析や戦略立案のスキルが非常に重要です。政治・経済・社会・技術の観点から世の中の動きを分析するPEST分析、顧客・自社・競合の3つの視点から市場を分析する3C分析などを使うのが一般的です。 こうした分析をもとに、STP(セグメンテーション・ターゲット・ポジショニング)や4P(製品・価格・プロモーション・流通)といった戦略を立てていきます。

【関連記事】PEST分析や3Cについて具体的に解説!戦略の定義・種類・フレームワーク

社内での承認を得て、合意を形成していく上ではコミュニケーション能力も不可欠です。経営陣へのプレゼンテーション、関連部門との交渉・調整など、その場にあったコミュニケーションが求められます。

また取り扱う商品によっては、見た目が非常に重要です。その場合、具体的な要件を視覚的に伝える必要があり、そうした時にIllustratorやPhotoshopなどデザインツールが使えると仕事がスムーズでしょう。 自分でデザインが作成できない場合、ツールが使えない場合は、見た目の要件をデザイナーに正確に伝える能力が必要です。

商品開発の年収とデメリット

商品開発の年収は平均で450~550万円ほどです。ただし業界による差が大きく、食品などの商品開発は400万円台前半、薬品・化粧品の商品開発は550万円ほどといわれています。


発売前の時期は残業が増えることも

企業や業界による差はありますが、一般に商品開発は残業が多くない仕事です。ただし経営陣へのプレゼン前や商品発売前は最終調整やトラブルも発生しがちなので、残業が増えることがあります。


調整や交渉を負担に感じる人も

「自分が手掛けた商品が世の中に出る」など、やりがいを感じやすいのが商品開発の仕事です。 しかし商品を世に送り出すには、関連部門との調整や交渉など、綿密なコミュニケーションが求められます。時に厳しいやり取りも必要になるため、コミュニケーションが苦手な人はプレッシャーを感じることもあるようです。

転職に必要な資格・経験

商品開発に転職するにあたって、絶対に必要な資格はありません。ただし以下のような資格を取得していると、商品開発に関する基礎知識があることの証明になり、意欲をアピールする材料にもなります。


  • 商品開発士
  • 商品プランナー
  • 商品開発コーディネーター


その他に、開発する商品や業界に詳しいことを示す資格も転職でのアピール材料になります。例えば食品関連の商品開発であれば、栄養士や管理栄養士などの資格は転職に有利に働くことも多いでしょう。


営業や企画・経営からの転職も多い

未経験から商品開発に転職するというケースはそれほど珍しくありません。転職前の職種として多いのは営業や企画・経営です。

文系で研究開発職に就いている人も多いですが、業界による差が大きいので注意しましょう。例えば新薬の開発などは、専門知識や研究実績がないと難しいでしょう。

未経験や文系から商品開発に転職したい場合、応募する業界・企業の見極めが非常に重要です。 Liigaでは、応募する業界・企業選びから伴走してくれる転職エージェントを、口コミを見ながら探すことができます。食品メーカー、製薬、化粧品、健康食品などの求人もあり、登録しておくだけでスカウトも届くので、ぜひ活用してください。

Liiga「人気のエージェント一覧」

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る