転職エージェントは一つに絞る? 併用の注意点や絞り込む時期、断り方
2024/07/01

転職活動では、転職エージェントを併用するのがおすすめです。ここでは転職エージェント併用のメリット・デメリットや一つに絞るタイミング、転職エージェントの選び方、断り方、併用時の注意点などを解説しています。

転職エージェントは複数登録すべき

マイナビエージェント、リクナビエージェントといった転職エージェント企業を利用する場合は、以下の理由から複数社に登録すると良いでしょう。

  • 各エージェントで扱う求人の数や内容が異なるから
  • 各エージェントで専門性などの強みが異なるから
  • より良いキャリアアドバイザー(※)に出会うため

※この記事において「キャリアアドバイザー」とは、転職エージェント企業に所属し、求職者の相談を受ける人のことを指します

一口に転職エージェントと言っても、その種類はさまざまです。複数のエージェントに登録すれば、求人の数や質、業界知識の深さ、キャリアアドバイザーのタイプや相性、各社のサポート体制などを比較し、自分に合う転職エージェントを選ぶことができます。

Q. 転職エージェントはいつ頃一つに絞る?

最初に登録するのは複数でも、選考などで利用する転職エージェントはできれば1社、多くても2社に絞ることが望ましいです。

絞り込むタイミングとしては、初回の面談後や最初に求人紹介を受けた後など「企業への応募前」をお勧めします。選考段階で多くのエージェントを使うと連絡やスケジュール管理が煩雑になり、さらに転職エージェントや企業に迷惑をかけることもあるからです。

転職エージェントを絞り込む基準や断り方は、後の章転職エージェントの絞り込みと断り方で詳しく解説しています。

【関連記事】転職エージェントの使い方は?利用の流れと賢く使う13のポイント

【関連記事】転職エージェントと直接応募はどっちが有利?ケース別おすすめ応募方法

Liigaに無料登録してエージェントクチコミをチェック

転職エージェント併用のメリット・デメリット

転職エージェントの併用にはメリットだけでなくデメリットもあるので、双方を把握した上で登録する数を検討しましょう。

メリット

転職エージェントを併用するメリットは、以下の通りです。

  • 転職の本気度を伝えられる
  • 転職エージェントの競争を促せる
  • 幅広い求人情報を得られる
  • 多くの視点からアドバイスを受けられる
  • より良いキャリアアドバイザーを探せる

転職エージェントは、紹介した企業に求職者が入社すると報酬を受け取れる仕組みです。エージェントに複数登録していれば「本気で転職する気がある」と捉えられ、ライバルのエージェントに先を越されないよう熱心にサポートしてもらえる傾向があります。

また複数のエージェントから求人情報や業界情報などを得ることで自分自身の知識が増え、選択肢が広がることもメリットです。

デメリット

転職エージェントを併用するデメリットは、以下の通りです。

  • 小まめな連絡や書類、スケジュールの管理が面倒
  • 最終的には利用するエージェントを絞る必要がある

複数の転職エージェントに登録している間は、各社から求人情報の紹介や面談の連絡が入ります。特に選考段階で複数のエージェントを利用していると、書類やスケジュールの管理が大変です。

また利用するエージェントを絞る段階で、「断るのに気兼ねする」という人は少なくありません。ただし、今や転職エージェントの併用は当たり前で、エージェント側も断られる可能性を理解した上でサポートを行ってす。後の章転職エージェントの絞り込みと断り方にで断り方についてもご紹介していますので、参考にしてください。

登録する転職エージェントの数と決め方

ここでは、登録する転職エージェントの数や選定のポイントを解説します。

総合型と特化型で3~5社に登録

種類 特徴 サービス例
総合型 ● 幅広い業界の求人案件を扱っている
=業界などを絞っていない人におすすめ
● 企業側と求職者側の担当者は異なる場合が多い
● キャリアアドバイザーを選べないことが多い
● リクルートエージェント
● マイナビエージェント
● doda
特化型 ● 特定の業界や業種、属性に特化した求人案件を扱っている
● 詳しい企業情報や非公開求人を持っているエージェントが多い
● 企業側・求職者側の担当者が同一の場合が多い
● キャリアアドバイザーを選べることも
● Geekly(IT系)
● ビズリーチ(ハイクラス)
● マイナビジョブ20's(第二新卒、20代)

一口に転職エージェントといっても、上記のようにその種類はさまざまです。

業界や職種を絞り込めていない人や、幅広い選択肢から選びたい人には「総合型」をお勧めします。一方、業界や職種を絞り込めている人や希望条件に合う求人を厳選してもらいたい人には「特化型」がおすすめです。

ただし、どのような場合でも「総合型で1〜2社、特化型で2〜3社」など傾向の異なる転職エージェントを3〜5社登録するようにしましょう。面談の内容や紹介される求人からそれぞれの傾向を把握し、自分に合った1〜2社に絞り込むのが利用のポイントです。

クチコミの利用も重要

転職エージェント選びでは、クチコミを参考にすることも重要です。クチコミなら良い評価だけでなく、「勝手に応募されていた」など悪い評価も確認できます。

転職支援の総合ポータルサイト「Liiga」では、各転職エージェントのクチコミ評価をキャリアアドバイザーごとに公開しています。

Liigaに無料登録してエージェントクチコミをチェック

転職エージェントの絞り込みと断り方

ここでは、転職エージェントを複数登録してから絞り込む際の断り方について解説します。

転職エージェントを絞り込む基準

登録後に転職エージェントを絞り込む基準としては、以下の4点に注目しましょう。

  • 転職エージェントの特徴(得意分野、サービスの充実度、連絡頻度など)
  • 転職エージェントの持つ、業界や職種、企業に関する情報の量
  • 紹介された求人の数と内容
  • キャリアアドバイザーとの相性

面談や求人紹介を受けると、転職エージェントやキャリアアドバイザーの特徴・個性が見えてきます。「質問に対して充分なアドバイスを得られない」「希望に合った求人を紹介してもらえない」といったことがあれば、他のエージェントを検討しましょう。

転職エージェントへの断り方

転職エージェントの利用を停止して退会したい場合は、メールや電話、退会フォームでその旨を伝えます。自分の気持ちを整理して伝える上では、メールや退会フォームを利用するのがおすすめです。

断る理由としては、例えば以下のような内容が考えられます。

  • 複数の転職エージェントと面談し、他のサービスを利用することにした
  • 知人からの紹介で他の企業に転職が決まった
  • 他で紹介を受けた求人が魅力的だったので、そちらに応募したい
  • 自分の希望条件に合う求人がなかったので、応募を辞退したい

断ると決めたら、できるだけ早く連絡をしましょう。感謝の気持ちを伝えながら、退会の意思があること、その理由をはっきり書くことがポイントです。タイミングとしては、前述の通り求人への応募前が望ましいです。

長期的なサポートを依頼する方法も

転職エージェントの利用方法として、メール連絡などによる長期的なサポートを依頼することも可能です。例えば「現職で経験を積みながら転職のタイミングを相談したい」「キャリアアップに繋がる良い求人が出たら、連絡して欲しい」などという理由で、定期的にメール連絡だけもらっているケースもあります。

この場合も、メールで希望を伝えましょう。「今回の求人は見送りたいけど、△△の条件が合う求人があれば改めて紹介してほしい」など、依頼したいサポートの方向性をしっかり伝えるようにしてください。

転職エージェント併用時の4つの注意点

転職エージェントの併用時は、以下でご紹介する4つの点に注意しましょう。

1) 併用の事実を各エージェントに伝える

転職エージェントの併用については、初回の面談時など早い段階で各エージェントに伝えましょう。

併用を伝えることは転職の本気度を伝えることになり、また重複応募やスケジュールのバッティングなどトラブル防止のためにも重要です。

2) 複数のエージェントから同じ企業に応募しない

第一志望の企業にどうしても受かりたい場合も、複数のルートで同じ企業に応募してはいけません。これは重複応募や二重応募といわれ、転職におけるNG行為です。

重複応募をすると、転職エージェントだけでなく、応募企業からもマイナス評価を受けてしまいます。内定の可能性が上がるどころか下がる行為なので、絶対に避けましょう。

3) スケジュールや書類の管理を徹底する

複数の転職エージェントを利用する場合は、カレンダーアプリなどで小まめに予定を管理しましょう。書類の提出遅れや予定のバッティングなどを起こせば、転職エージェントや企業に迷惑をかけてしまいます。

また「応募書類を別の転職エージェントに送ってしまった」といったミスもしないよう気を付けてください。

4) 各エージェントと小まめに連絡を取る

重複応募やスケジュールのバッティングを避ける上でも、各転職エージェントとの連絡は小まめに取りましょう。

そもそもキャリアアドバイザーは、同時に数人〜数十人もの求職者を担当しています。たとえ転職エージェントを一つに絞ったとしても、積極的に連絡を取ることが重要です。

クチコミ利用で自分に合った転職エージェント探しを

ここまでご紹介したように、転職エージェントは複数のサービスを併用することがおすすめです。特徴の異なるサービスを利用し、自分の希望や長期的なキャリアプランに寄り添った支援をしてくれるエージェントを選びましょう。

Liigaでは、転職エージェントのクチコミをキャリアアドバイザーごとに公開しています。さらに、気になるキャリアアドバイザーを選び直接申し込むことも可能です。

登録・利用はもちろん無料。自分に合った転職エージェント探しにぜひお役立てください。

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。