×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

はじめに

日系企業と外資系企業の間には社風や選考方法などさまざまな違いがありますが、その中でも特に大きな違いとして「年収」が挙げられるのではないでしょうか。

description

皆さんは、働くにあたってどのくらいの年収を求めますか?

インターネット上にも職種別、業種別などさまざまな企業別平均年収ランキングがあり、テレビ局・広告代理店・総合商社といった企業が上位にランキングされております。

一方、実力主義・成果報酬で知られる外資系企業があまりランクインしていないように見えますが、「投資銀行の平均年収は6,000万円!」と一時期ニュースになったように、実は上場企業役員クラスの莫大な年収を持つ一般社員がゴロゴロいるのです。

コンサルティングファームも投資銀行ほどではありませんが、3年勤務すれば年収1,000万円を超える方が大半で、パートナー・プリンシパルクラスになれば5,000万から2億円の報酬が待っているといいます。

description (平成23年度 国税庁 民間給与実態統計調査より)

しかし、日本全体で見ると「年収1,000万」超えは全体の3.9%、さらに倍の年収2,000万円となると、たったの0.4%!

テレビ局・広告代理店・総合商社といった年収ランキング上位の業界で勤め上げれば達成できる年収2,000万円ですが、その領域に30代そこそこで到達できるのが、外資系金融やコンサルティングファームを始めとしたプロフェッショナルファームでのキャリアです。

では、これだけ年収がある方のライフスタイルとは、一体どういったものなのでしょうか。

下記のインタビューをご覧ください。

年収1,000万円になってから、お金が余るようになった

今回お話を伺ったM氏は、東京大学大学院卒で現在は38歳。新卒で外資系戦略コンサルティングファームに入社し、現在は外資系投資ファンドのディレクターとして活躍されています。

元モデルの奥様と、2人のお子様を持つパパでもあるM氏に、プライベートを中心に聞かせていただきました。

−新卒で入社されてからの働き方は、どのようなものでしたか?

朝から晩まで働き詰め。1週間ほとんど寝てないなんて時もザラにあったな。彼女は一応いたけど、本当に仕事ばかりしていたから「一緒に○○に行った」みたいな思い出もないな…。

1年目の年収は500万円だったんだけど、フィアットのオープンカーを買ったローンに精一杯で、彼女にまで使えなかったんだよね(笑)。 家賃とローンを引いたら、10万円も残らなかったんじゃないかな。外資系に入ったからって、すぐに豪華な生活はできないね。

−では、いつ頃から報酬が増えたんですか?

入社3年目、最初のプロモーション。年収が倍の1,000万に上がってすごく嬉しかったな。まず車をアウディのTTクーペに買い換えた。 それでも、まだまだ余裕があるんだよね。だからスーツとか時計とか、毎月何かしら大きい買い物をしていた気がする。

そうそう、その時に40万でオメガの時計を買ったんだけど、実は今でもそれを使っているんだよね。奥さんには替えた方がいいって言われているんだけど、気に入っているから(笑)。

−お買い物以外に、生活面で変わったところはありますか?


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
ファンドの募集はこちら

ベンチャー企業、中堅・中小企業向け成長支援業務担当

ファンド管理(※雇用契約期間あり)

歴史ある独立系PEファンドでのアソシエイト募集

【JAFCO】投資先採用支援リーダー

ベンチャーキャピタル部門 マネージャー【株式会社サムライインキュベート】

date_range 2016-03-22

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。