待ちの姿勢では良い案件に巡り合えなかった―私はこうして外資系戦略ファームへ転職した【前編】

はじめに

Liigaユーザーの皆様は、

・転職活動はどう行えばうまくいくのか ・転職後のギャップはないのか ・本当に現職を離れて良いのか… など 実際に転職活動を始めるにあたっては悩みがつきないかと思います。

転職について、どのケースについてもあてはまるような一般解を提供することは難しいですが、そのような悩みの上で参考になればと思い、実際に転職に成功された方の体験を共有致します。

今回は、外資系IT企業からボストンコンサルティンググループ(BCG)への転職を成功させた方にお話を伺いました。

ぜひご覧ください。

description

週3、4回は面接を受けていた

―まず転職活動を始めた理由を教えてください。

1年前(2017年)から、現状の自分のキャリアに対する危機感を漠然と抱いていました。しかし今年(2018年)の1月にその危機感が強くなり、本格的に転職活動に時間を割くようになりました。

―危機感が強くなったのはなぜでしょうか。

転職活動を本格化する以前から、転職サイトに登録して、記事や募集案件に目を通すなどの情報収集をしていました。また声をかけてきたエージェントに業務内容や待遇面の条件を提示して、事業会社の案件を探してもらったのもこの時期です。

しかし、このような待ちの姿勢では良い案件に巡り合えませんでした。そこで本格的に自分から動くことにしたのです。

―1月に転職活動を本格化された頃には、コンサルティング業界を志望されていたのですか?

はい。事業会社では自分の希望条件を満たす案件がなかなか無かったので、戦略コンサルティングファームに挑むことにしました。それでも3社程は事業会社も受けましたし、内定も頂いています。

―コンサルティング業界はどちらを受けたのでしょうか?

会社の特性がよくわからなかったので、一通り全て受けました。BCG、ベイン、ATカーニー、ローランド・ベルガー、アーサー・D・リトル。総合ファームのBig4とアクセンチュアも受けました。

―それに加えて事業会社も並行して選考を受けたとなると、かなりの数ですね。

非常に忙しかったですね。1月はエントリーが主でしたが、2、3月は週3、4回は面接を受けていました。

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。