×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

面接を受けていて感じたのは、普段の業務から問題意識をもつことの重要さ―私はこうして欧州系投資銀行へ転職した #02

date_range 2018-06-21

こちらは大手日系証券会社から外資系証券会社への転職成功者インタビュー、後編です。

前編はこちら

前編では転職を決意した経緯、内定を獲得した外資系投資銀行(以降、A社)での面接の様子を語ってもらいました。

後編ではその面接を通して何を見られていたのか、面接を受けた外資系証券会社各社ではどのような社風を感じたのか、話して頂きます。

ぜひご覧ください。

description

面接では何が見られていたのか

―A社の面接ではどのようなことが重視されていたと思いますか。

熱意、転職動機の真正さの2点だと思います。

また面接官の中には転職動機について具体的に聞く方がいました。「厳しい環境に身を投じたいのはわかるが、なぜリスクをとってまで外資系企業に移ろうと思うのか」ということをとことん追求されました。

私は「自分にないスキルをもつ人が社内に多く、それを学びたい」と回答しました。なぜ外資企業、なぜその会社でなければならないのか、面接ではきちんと答える必要があると思います。

―一方で、「3時15分の時計の針の間の角度は何度か」など数学的な質問もされていますね。

それに関しては面接後にエージェント経由でフィードバックを頂いたのですが、「イレギュラーな質問に対してどう答えを考えるのか、その考えるプロセスを見られていた」と聞いています。考える過程も1つのポイントになるのでしょう。

―A社以外の会社の面接ではどのような点が見られていたのでしょうか。

熱意についてはHSBC証券会社についても当てはまりますね。あとBNPパリバ証券の面談では、「自分の覚悟」が見られていたと強く感じました。

―「覚悟」とはどういうことでしょうか。


続きはログイン後にご覧いただけます。

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。