×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

選考は内部の視点が鍵―私はこうしてトップティアの外資系投資銀行に転職した

はじめに

転職に成功した方々に経験を語って頂く選考体験記シリーズ、今回は投資銀行業界です。

若手にして、大手日系証券会社からトップティアの外資系投資銀行(以降、A社)に転職した方から、転職に至った経緯、転職活動での四苦八苦についてお聞きしています。

ぜひご覧ください。

src="https://liiga-public2.s3.amazonaws.com/uploads/other_image/image_path/521/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0_213.png"alt="description">

グローバル水準にチャレンジする機会をつかみたいと、日頃から考えていた

―まずは前職についてお聞かせください。

就職活動時にメガバンク系証券会社の投資銀行部門(以降、IBD)から内定をもらい、新卒で入社しました。入社後は研修を経て、M&A担当の部署に配属されています。

―M&A担当の部署とはIBDの中でも特に希望者の多い、花形の業務ですね。

そうですね。IBDと言えばM&Aアドバイザリー業務しか知らない状態で入社する方も多いですから、やはり競争の激しい、人気の部署になるかと思います。

自分は体育会系というバックグランドもあり、周りにおいていかれないよう、 内定者時代から業務について勉強していたので、それが研修時の人事の評価、人気部署への配属につながったのでしょう。

―それがなぜ前職から転職しようということになったのでしょうか。

前職が嫌になったわけではありません。日本国内のM&A市場において、最大手クラスの企業だったので、多数のM&Aの案件に携わることができ、恵まれていると感じていました。

一方で、日系企業に留まらず、グローバル水準の環境に身を置くことに元々興味がありました。この想いから、外資系の企業に移ることは視野に入れていたのです。

また、この業界では個人の力量が重視される側面もあり、常に上を目指すべきと考えていました。そうした中、私もグローバル水準にチャレンジする機会をつかみたいと、日頃から考えていたことも大きいですね。

そんな折に、ある外資系投資銀行(以降、B社)の人事から登録していた転職媒体経由で接触があり、選考を案内されました。本格的に転職活動を始めていたわけではなかったのですが、良い機会だと思い、選考を受けました。

ろくな準備もしていなかったため、二次選考で落ちてしまいましたが、当時の自分にとってCV(英文職務経歴書)が通過しただけでも非常に大きな意味がありました。

―CVが通過したことはそれほど重要だったのですね。

個人的にはCV作成が最も手間のかかる段階で、転職活動を始める上で一番大きなハードルだったのです(笑)。しかしそのハードルも本件で乗り越えてしまったので、他の外資系投資銀行にも挑戦することにしました。

PEファンドは、自分にはまだ早いと感じた

―ということは、基本的に外資系金融機関のIBDに絞って転職活動を行っていた、ということでしょうか。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
date_range 2018-08-14

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。