×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

仕事と子育ては両立できる?子育てする前から悩む必要はない~アビームコンサルティング執行役員・岩井かおりさん

本記事は2018年7月に「外資就活ドットコム」に公開されたものとなっております。

仕事をバリバリしたいけれど、結婚や子育てと両立できるだろうか――。

そんな不安を胸に抱きながら、働いている女性の方は少なくないかもしれません。しかし、アビームコンサルティングの執行役員を務めるコンサルタント・岩井かおりさんは「心配しすぎて、自分の可能性を狭めないでほしい」とアドバイスします。

二人の子どもを育てながら、グローバルな舞台の第一線で働き続けてきた岩井さん。これまで、どんなことを考えながらキャリアを歩んできたのか、できるだけ率直に語ってもらいました。(取材・構成:亀松太郎、撮影:岸田浩和)

description

留学のため、他の学生よりも出遅れた就職活動

――岩井さんは1992年に上智大学外国語学部を卒業して、最初の会社である食品メーカーに入社したということですが、どんな就活をしたのでしょうか?

岩井:私は他の人と比べて、かなり出遅れたスタートでした。大学3年から1年間、アメリカに留学して、帰国したのは4年生の6月でした。

日本に戻ってきたら、友人はみんな就活を終えていました。慌てて会社回りを始めて苦労しましたが、「グローバル」という軸だけは譲りたくなかった。海外で活躍する機会がある企業を中心に探しました。

――食品メーカーを選んだのは、なぜですか?

岩井:その会社の役員が、女性の活躍を意識していて、且つ、グローバルに展開していきたいという考えを持った方だったので、「この会社だったら面白いことができるかもしれない」と思いました。

――前職の食品メーカーには8年ほど在籍したということですが、どんな仕事だったのでしょう?

岩井:当時は女性は一般職で働く方が多かったですが、私は総合職として海外営業の仕事をしていました。いろんな国へ出張して、海外のエージェントに自社の製品を売り込んでいく。自分が紹介した製品が日本から海外へ出ていき、市場に出回るというのは、とても面白い経験で、刺激的でした。

description

――女性も男性と同じように働ける会社だったということでしょうか。

岩井:私自身の仕事の内容には満足していましたが、会社全体でみると、少なからず男女の差はありました。たとえば、女性だけが全員制服でしたし、女性だけがお茶くみをする、という習慣も残っていました。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
ITコンサルティングの募集はこちら

【キャップジェミニ】【製造・サービス】PMO / チェンジ マネジメント コンサルタント

【キャップジェミニ】【製造・サービス】SCM コンサルタント

※大阪※[Webコンサルティング]デジタル・マーケティング・コンサルタント

【三菱総合研究所】三菱総合研究所 各種無線通信に関する動向調査、国際標準化支援【プロによるフルコーチング対応ポジション】

中国関連業務コンサルタント

date_range 2018-08-09

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。