コンサルティングが好きではない理由は「自分事ではない」からー私はこうして経営企画部へ転職した #02

date_range 2018/10/25

はじめに

戦略コンサルタントから経営企画職への転職を実現させた方へのインタビュー、後編です。

転職時の様子や経営企画職への転職時にどのように意思決定を行ったのか、を話して頂いています。

ぜひご覧ください。

description

コンサルティングが好きではない理由

―前編ではマネージャーに昇進した時に、コンサルタントを辞めることを以前から決めていたと伺いました。就職時からあった、起業までのキャリアの計画の一環だったということですね。

そうですね。学生の頃から、コンサルタントの後は、経営企画部か、起業のどちらかのキャリアを選択しようと考えていました。

そもそも、私はあまりコンサルティングが好きではありません。業務としてコンサルティングを楽しいと感じることがあまりなく、あくまで修行の場として従事していました。

―コンサルティングが好きではない、というのはなぜでしょうか。

自分事でないためです。「自分事として向き合え」とは建前上言われますが、コンサルティングはどうしても、他人の事業を扱います。極論を言えば、顧客の業績がどうなってもコンサルティング自体の収益には関係ありません。

端的に言うと「燃えない」のです。仕事として一定のやる気を出すことはできても、自分のやる気を最大限に引き出すことはできません。

業務内容自体は嫌いではありません。最先端の技術を知るために、担当する技術分野の権威である教授の方々にヒアリングを行うこともあり、知的な刺激という点では非常に面白い仕事でした。

しかし、「自分事」化の難しいビジネスモデルが自分の適性に合っていませんでした。顧客の業績の成長を心の底から喜べるような人でなければ、続けるのは難しいと思います。

またコンサルタントの実行支援業務も、自分の好みには合わないものでした。実行力のある企業ならコンサルタントに協力を依頼することはないため、実行支援の対象はなんらかの大きな欠陥をもつ企業に偏ります。

きちんと機能している優良企業が、更なる高みを目指すというような、チャレンジングで創造的な案件は、あまりないのが実情です。

外資系戦略ファーム出身者は、「実行力がない」と思われる

モチベーションの観点からも、事業会社への転職を望んでいたということですね。どのようにして転職先を探したのでしょうか。

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。