【若手外資系社員対談】「外資系コンサル×外資系広告代理店」の仕事と私生活 Q&A #02

date_range 2018/10/29

今回は、外資系コンサルティングファームへ勤める若手社会人A氏と外資系の広告代理店へ勤める若手社会人B氏へインタビューを行いました。それぞれの仕事やプライベートの実態をQ&A形式でご紹介致します。

日々、多忙を極めるビジネスパーソンにとってコンディションを維持するため、家具1つとっても、自分の仕事のパフォーマンスを左右する大事な要素です。

コラムの前半では、外資系で働くビジネスパーソンはどんな家具&家電を揃えているのか。洗いざらい聞いてきました。 後半では、忙しい時期のタイムテーブルから、多忙の日々の中で役立つスキルをお伺いしました。

ぜひ、ご覧ください。

description

〈Profile〉

若手社会人A

旧帝大出身、某広告代理店でデータサイエンティストとして働く若手社員。
仕事は現在1か月規模のプロジェクトを担当中。

若手社会人B

都内私立大学出身、コンサルティングファームで働く若手社員。
現在アナリストとして、企業の全社的なコスト削減PJやデジタルを活用した企業の変革支援PJなど幅広く経験。

家具1つで仕事のパフォーマンスが変わる。外資系社員がおススメする家具・家電とは

ーーどのように家具・家電を探していますか?

A:必要そうなものをざっくりと列挙して、Amazonで購入しています、すべて。

B:家具や家電を探す際は、実店舗へ行く前に自分でネットで情報を集めるべきです。

何も知らずに量販店などに話を聞きに行くと、自分の中に知識が無いため店員の説明が正しいのかが判断できず、本当にその製品が良いものなのかが分かりません。価格.comで製品の価格相場を確認することも忘れずに。

ーー家具家電を選ぶときにこだわった点、妥協した点などはありますか?

A:家具については、部屋の間取りから然るべきレイアウトを定めて、幅や高さなどをきっちりと計測してから買いました。

家電はAmazonさんのおすすめで買ったのでさほどこだわっていません。ただし、部屋が明るいのが好きではなく、シーシャ屋くらいの柔らかな照明が好きなため、間接照明についてだけはこだわっていくつか購入しています。

B:長年使うものなので、値段が高いというところはある程度許容して、質にこだわりました。ただ、高いものイコール自分に合うもの、というわけではありませんので、ネットで調べた後は必ず実店舗で実物を見てください。

私の例で言うと、ネットでベッドについて調べていた時はシモンズがよさそうだと思っていましたが、いざ実店舗で実際に寝てみると、シモンズは私には少し硬すぎてフィットしませんでした。

ーー家具・家電選びでこうしておけばよかった……と思うことはありますか?

A:モノが部屋に沢山あるのが好きではないため、最小限のものしか買わなかったため、ほとんど後悔はしていません。

唯一ひとつだけ後悔したのは、寝具です。

学生時代はわりと好きな時に睡眠をとる感じだったのですが、社会人になるとある程度決まった時間に睡眠をとる必要があり、その時間内に充分良質な睡眠を取らなければなりません。

Amazonで購入した寝具も悪くはなかったのですが、社会人3か月目に寝具を変えたら、夜型の自分でもそれなりに睡眠の質があがりました。

もし予算があるなら寝具に課金しておきましょう。

B:電子レンジはもう少しグレードアップしておけばよかったかなと今ちょうど思っています。最近自炊をするようになり、電子レンジもよく使うので、オーブン付きの高性能レンジにしておけばよかったです。

ーー買ってよかった家具・家電ベスト3を教えてください!

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。