経営をするために。最短ルートを模索して辿り着いたのは投資銀行ー私はこうして投資銀行からベンチャー企業へ転職した #01

date_range 2018/11/15

はじめに

Liigaにご登録いただいている皆様は、現時点でキャリアにおける目標がある方も多いかと思います。その中には事業会社の経営企画や経営戦略へ参画することを目標としてキャリアを積み上げている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、現在ゲーム情報に関するメディアを運営する株式会社GameWithの経営戦略室でご活躍されているLiiga会員 布川友也氏へインタビューを実施しました。

布川氏は慶應義塾大学をご卒業後、SMBC日興証券の投資銀行部門でキャリアをスタートし、2018年7月に現職へ転職されました。

本コラムでは、2作に渡り、布川氏が学生時代からどのようにキャリアを考えて描いてきたのか、語っていただいています。

ぜひ、ご覧ください。

description

ファイナンスの知識を身に着けるなら、コンサルタントではなく投資銀行と確信

―まずはご経歴をお聞かせください。

2016年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、SMBC日興証券の投資銀行部門に入りました。その後、今年7月に株式会社GameWithへ転職し、経営戦略室に所属しています。

―新卒では投資銀行に入社されたのですね。

メガベンチャーやコンサルティングファームを中心に選考を受け、内定も頂いていたのですが、某コンサルティングファームのM&Aチームのインターンに参加する内に「自分のやりたかった仕事と違う」という違和感を覚え、就活をし直しました。

―どのような違和感だったのでしょうか。

前提からお話すると、自分はずっと事業会社の経営関連業務をやりたいと考えて、最初はメガベンチャーに注目していました。しかし事業会社では、自由に自分で配属先を選択することができないという印象を持ち、最短ルートで経営の専門性を身につけられる道を探していました。

そのような経緯でM&Aチームのコンサルタントとしてファーストキャリアを歩もうとしたのですが、インターンを経験する中で、コンサルタントはM&Aにおける重要な役割の一つである資金調達の実行(エグゼキューション)まで携われないことに気付きました。

全額会社の現金でM&Aを行うなら別ですが、一般的に巨額のM&Aでは資金調達も必要となります。そこはコンサルタントというよりは、投資銀行の得意領域となります。資金調達のスキームを考え、株式を引き受けて実行までご支援することができます。

―ファイナンスの知識を身に着けるなら、投資銀行だと。

はい。実行という観点で初めて投資銀行の役割を知り、投資銀行に入った先輩に話を聞くなどして理解を深めました。

そして「M&Aやファイナンスをするなら投資銀行だ」と考え、4年生の冬にボストンキャリアフォーラムに参加しました。

そのフォーラムでは、外資系投資銀行は海外大学卒業者を原則対象として採用していたので、日系投資銀行に絞り、某証券会社(以降、A社)とSMBC日興証券の投資銀行部門から内定を頂きました。

そうしてSMBC日興証券に入社することになりました。

―業界上位のA社ではなかったのですね。

それは周りからも言われましたね。

私は事業会社で経営関連業務がしたかったので、投資銀行での経験は3~5年程と期限を決めていました。そのため、若くても裁量を持って案件に関与できるかを軸に意思決定をしました。中小型案件に強みがあり、案件数が多く主体的に最後まで関与できるのがSMBC日興証券でした。

また、A社では投資銀行の中での配属先を選べないというリスクもありました。M&AとIPO等のファイナンスを経験したかった自分にとって、この点は大きなデメリットでした。

初期のスタートアップにCFOはいらない

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。