「人への気の遣い方」。チームワークを重視するアセマネ業界で学んだことー私はこうして外資系アセマネ会社へ転職した #02

date_range 2018/12/11

はじめに

今回は現在、外資系のアセットマネジメント会社でご活躍されているLiiga会員へインタビューを実施し、その実態をお伺いしました。

この方は新卒でメガバンクに入社後、外資系の総合コンサルティングファームを経て、20代中盤のご年齢でアセットマネジメント業界へ入られました。アセットマネジメント業界へ入られてからも転職を経験し、現在はご自身のキャリアの中で延べ4社目にあたる会社でご活躍されています。

後編である今回は、アセットマネジメント業界で学んだことや、転職時の選考フロー、アセットマネジメント業界に向いている方の特徴をお伺いしました。

ぜひ、ご覧ください。

前編はこちら

description

「人への気の遣い方」。チームワークを重視するアセマネ業界で学んだこと

- 新卒入社されたメガバンクやその後に転職されたコンサルティングファームでも金融の知識を用いて仕事をされていたことと思います。そのご経験が活きることはありましたか。

金融畑を歩んできたつもりでしたが、あまり前職や前々職の経験が活きたと思ったことはありませんね。仕事の内容自体は全く異なるので、必要な知識や経験が異なったのです。

アセットマネジメント会社というのは、投資家の方々の資産のポートフォリオを運営する会社なので、お客様からは「何でこのポートフォリオのプライスが上がっているのか」「最終利回りが動いた要因について教えてください」などの今までの職場では聞かれたことが無かったような質問が飛んできます。

そうなってくると、メガバンクやコンサルティング業界で必要な知識とアセットマネジメント業界で必要な知識は全く異なるなと実感しますね。

- なるほど。アセットマネジメント業界に入ってから、プライベートでは何か勉強されていますか。

新卒入社時から続けている事ですが、英語の勉強は欠かせません。現在も週刊エコノミストを英語の音声を聞きながら勉強しています。

- 英語の勉強は重要なのですね。

そうですね。アセットマネジメント業界の仕事は国内のメンバーだけで進めることができるものではなく、海外のメンバーの助けが無ければ進まない仕事がほとんどです。しかし海外のメンバーに連絡をするときに何を言っているのか分からない英語で話しかけると凄くイライラされるんですよね(笑)。

この背景から英語力がなければ仕事をスムーズに進めていくことは難しいので、身に付けていた方がいいですね。

仮に英語が話せなくても海外のメンバーは最低限の情報は渡してくれますが、友好な関係を築いて、より良い仕事を行うために英語力はあったほうがよいと思います。

- 必要な知識も働き方もメガバンクやコンサルティングファームとは異なるということですね。アセットマネジメント業界に入られてから身に付いたスキルなどはありますか。

「アセットマネジメント業界に必要な金融の知識」「チームワーク力」「人への気の遣い方」だと思います。

当時在籍していたアセットマネジメント会社の場合だと、非常にハードワークが求められたため、その分アセットマネジメント業界に必要な金融の知識が身に付きました。

また、会社の仕事の進め方としても、1つの部署で1つのプロジェクトが完結するようにできているので、プロジェクトの初めから最後までの仕事の進め方を学ぶことができましたし、そのチーム単位でプロジェクトを進めるため、チームワークも育まれました。

しかし、この業界に入ってから最も身に付いたと思えるスキルは「人への気の遣い方」だと思います。

- 「人への気の遣い方」ですか。非常に意外です。

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。