フェルミ推定のプロフェッショナルが語る!ケース面接で見られる論理力の本当の意味とは?

はじめに

中途、新卒限らず、戦略コンサルティングファームに入社するにはケース面接が課されます。学生時代に戦略コンサルティング業界から内定を得た方でないと、独特の面接を突破することは容易ではありません。

そこで今回は、社会人や学生にケース面接の指導や執筆活動をしている現役の外資系戦略コンサルタントの方に、ケース面接の基本であるフェルミ推定について解説いただきました。 どのような考え方を持って解くべきか、「ありがちな良くない例」をレビューしながら、より良い考え方を学んでいただきます。

description

ケース面接とは何か?

コンサルティング会社の面接試験には、他の業界では見られない、変わった選考過程が存在しています。その一つが、いわゆる「ケース面接」です。今回は、ケース面接の基本である「フェルミ推定」について、取り上げます。

ケース面接で見ている能力として語られる代表例が、「論理力」です。この論理力に加え、面接を通して、「コミュニケーション能力」や「考えることを楽しめるか」などを見ていると聞いたことはないでしょうか。

この意見そのものは、基本的に正しいと思います。しかしながら、ケース面接の練習を見ていると、多くの方に若干間違って解釈されているように思えます。私は、経営コンサルタントとして働く傍らで、多くの方のケース面接練習を、マンツーマンで行ってきました。

詳細は後述しますが、「論理力」を見ていると言われると、なぜか知っているフレームワークにあてはめようと「思考停止」してしまい、状況にふさわしくない切り口で問題を解き始める方が多いです。また、「コミュニケーション」においても、面接官から不完全さの指摘を受けない、完全な回答を「表現」する能力のように考えている方が少なからず見受けられます。

ありがちな良くない例をまずは読んでみる

今回は、その一例と解決策を、「ありがちな良くない例」を用いて提示します。今回例示するケースは、「東京都内にタクシーは何台あるのか」です。 本パートでは、まず「ありがちな良くない例」を示し、次にそれについてレビューを行います。

皆さんは、面接官になったつもりで、この例を読んでみてください。

ありがちな良くない例 【パートA】
東京都内のタクシーの台数の定義ですが、東京都内で登録され、それなりの頻度でタクシーとして営業・利用されている車両の台数を対象とします。よって、「ウーバー」や「タクシー用に製造されて納品を待っている乗用車」などの特殊なものは含まないものとします。
それでは、3分程度考える時間をいただいてもよろしいでしょうか。(ここで3分考えて、考えをまとめる)
【パートB】
タクシーの台数を求めるにあたって、「都内のタクシーの総需要」を計算し、それを「タクシー1台あたりの供給量」で割ることで、「タクシーの台数」を求められると考えられます。そのため、この「需要」と「供給」を計算してみたいと思います。
【パートC】 では、都内のタクシーの総需要を求めます。まず、東京都内の人口は、性別と年代別に合計8つに分けられます。(男女×0歳から80歳までを20歳区切りで分類)。東京は1200万人の人がいるので、各性年代で150万人の人がいるとします。 0歳から19歳の人は、男女ともタクシーにほとんど乗らないので、一人当たり年1回乗るとします。20-39歳を次に考えます。まず女性の半分程度は専業主婦であると想定されるため、タクシーの需要は限定的であると考えられます。 お金に余裕がある人であることがまず条件であると思われるので、専業主婦の30%程度を対象とし、この方たちが、重い買い物などをした場合を考え、2週間に1回程度利用すると推定します。 20-39歳の男性のほぼ全員、そして20-39歳女性の半数は、労働者と考えられます。 この方たちは、所得がまだ低い方が比較的多いので、自腹でタクシーに乗る機会は限定的であると思われますが、夜遅くまで働いた場合のタクシーチケットや、夜遅くまでお酒を飲んだ後の帰宅需要が考えられます…(以下省略。) 【パートD】 次に、タクシー1台あたりの供給量を求めます。(今回は省略)

実は、このケースを練習に使うと、半数以上の人が上記のように解き始めます。

さて、面接官になったつもりで、上記のケース例を読む中で、どこに突っ込みたくなるでしょうか。

【パートC】だけでも、例えば、以下の様なことが気になります。

  • 「性別×年代」の分類から始めているが、なんとなく“公式”にあてはめた感じがする。
  • 「20-39歳の労働者」の需要パターンとして、夜遅くまで働いた/飲んでいた場合の需要を上げているが、他にもあるのでは。さらに、専業主婦と同じように、重たい買い物をした場合にも当然利用する気がする。
  • こう考えると、「20-39歳の労働者」だけ見ても、この回答者が需要の全体像をおさえているのか否か、よくわからない。

面接で見たいのは「論理的に抜け漏れの少ない回答を考え出せる力」


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2016-03-17

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。