×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

中途半端な目標は、そもそも挑戦しない方がいい「目指す自分に最短で到達するためのキャリア戦略」我究館共催 #01

date_range 2019/02/07

先日、我究館館長・熊谷智宏氏によるLiigaアカデミア「目指す自分に最短で到達するためのキャリア戦略」講座が開催され、「目標の設定」・「戦略の立案」についてレクチャーを行いました。

本コラムでは以下の構成で、その内容をお伝えします。

前編「目標の設定」 ・キャリアの考えが前に進まない ・目標設定の3要素:Being、Having、Giving ・高尚なことは考えなくていい。自分の身の回りで、誰に共感をするかを考える ・その目標は絶対に実現したいものか

後編「戦略の立案」 ・誰とやりたいのか、誰とやりたくないのか、という拘りがあるはず ・絶対に失敗しない「スモールアクション」を繰り返し、成功体験を増やす ・人生はどんどん面白くなる。止まってしまうのはつまらない

ぜひご覧ください。

description

〈Profile〉
熊谷 智宏(くまがい ともひろ)
「我究館」館長であり、『絶対内定』シリーズの著者。
横浜国立大学を卒業後リクルートに入社し、2009年にはジャパンビジネスラボに参画。
「我究館」では、10年間で1000人を超えるビジネスパーソンのキャリア戦略構築支援を行ってきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援での実績多数。
また国内外の大学での講演や、教育機関へのカリキュラム提供、企業へのコンサルティング業務、執筆活動も積極的に行っている。

キャリアの考えが前に進まない

はじめまして、我究館館長の熊谷と申します。本日はお忙しい中お越し頂き、ありがとうございます。

皆さまは、日常の中でこんなことを考えていませんか。

「いつかMBA留学したい」 「もっと難易度の高い仕事に挑戦したい」 「心から情熱を傾けられるプロジェクトにコミットしたい」

しかし、目の前のプロジェクトに集中しているあいだに、気づけば1年、2年と経っていることはないでしょうか。実力や実績は積みあがる一方で、自分が心から望むキャリアを走っているとは断言できない。そう感じることはないでしょうか。

週末に転職について考えようとしても、「どこに転職するべきか」、「留学すべきか」、「副業をするべきか」と数ある選択肢を前に選びあぐねてしまう。そうこうするうちに平日になり、仕事に追われてしまう。こうして考えが前に進まない、というご相談を、ご活躍されているビジネスパーソンからよく頂きます。

本日は、こうしたキャリアについての思考を前に進めるフレームワークをお伝えし、皆様に持ち帰っていただければと思います。

description

目標設定の3要素:Being、Having、Giving

キャリアを考える際は、そこから5年後にどこに到達したいか(目標の設定)、その地点までどのような経路で到達するか(戦略の立案)の2点が鍵となります。

まずは、「目標設定」についてお話しします。例えば「5年後どんな自分になっていたいか」というように、ご自身が本当に望んでいる目標像を言語化する、ということです。

目標を考える際は、Being、Having、Givingの3つの切り口で考えましょう。Beingとは人格、能力、専門性などのソフト面での特性、Havingは地位、名誉、収入といった手に入れたいもの、Givingとは人や社会へ与えたい影響を指します。

description

この3点をすべて考えるのは、「とくにかく成長したい」、「高い年収がほしい」、「社会貢献したい」といったモチベーションが偏った目標ではなく、視野を広げ、バランスのとれたものを考えるためです。

そこで、本講座にお越しいただいている方々には、各自のBeing、Having、Givingを考えて頂く個人ワークを行って頂こうと思います。その際、それぞれについて「あるといいもの」ではなく、「絶対にほしいもの」を考えてみましょう。

「絶対にほしいもの」にこだわるのは、「モチベーション」に大きく関わるためです。心の底から望んでいるわけではないのに、軽い「憧れ」だけでMBA取得などの難題に挑むと、実際の難易度の高さを目の当たりにし、えてして熱意を失いがちです。

その場合、目標に近づくことができないまま数年経ってしまい、納得がいかないもどかしさだけが残ってしまいます。時間や労力を無駄にしてしまうので、その程度のものなら最初から挑まない方がいいでしょう。

そうした「絶対にほしいもの」を考えるには、過去を整理し、分析するのが有効です。「競争と協調のどちらが好きなのか」、「大学受験で失敗して学歴コプレックスがある」、「小中高が名門のためプライドが高い」、「お金に困っていたから高い年収がほしい」等々。

中でも、


続きはログイン後にご覧いただけます。
会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。