事業創出も担うコンサルティング業界のイノベーションファーム。優秀な人材を引き留める「飽きない仕組み」とは?#02

date_range 2019/02/21

description

はじめに

現在、急成長を遂げているコンサルティングファームの「イグニション・ポイント」

一般的に、転職者が多く、人材の流動性が高いと言われているコンサルティングファームであるにも関わらず、極めて低い離職率を保っているとのこと。その要因は「飽きない仕組み」作りにあると言います。

「飽きない仕組み」とは何なのでしょうか。

後編である今回は、現在イグニション・ポイントで必要とされてる人材像から、イグニション・ポイントが低い離職率を維持できている理由に迫りました。

ぜひ、ご覧ください。

前編はこちら

description

〈Profile〉
末宗喬文(すえむね たかふみ)氏
慶應義塾大学経済学部を卒業後、2007年アクセンチュアに入社。
2012年デロイトトーマツコンサルティング(以下、DTC)に転職。
DTC時代に青柳 和洋氏と出会い、2014年に共同でイグニション・ポイント株式会社を立ち上げ、現在は同社取締役副社長を務める。


コンサル未経験でも活躍できる。必要なのは「マインド」だ

―前編では、イグニション・ポイントが「コンサル×イノベーション」の2つの側面を持ったユニークな会社であると伺いました。どのような人材が貴社にマッチすると思いますか?

イグニションポイントにおける5つのコアバリューを体現している人材ですね。

具体的には、①アントレプレナーシップ、②ハイアーゴールセット、③コミットメント、④フルスピードPDCA、⑤プロフェショナルの5つのバリューを弊社は重要視していますので、この要素を満たした人材を積極的に採用させていただいています。

ただ、アントレプレナーシップといっても、必ずしも起業経験を求めているわけではありません。自分で新規事業を創造することに対する前向きな気持ちや、主体性を持っている方であれば、弊社でそのマインドを十分に活かせると思っています。

また、ハイアーゴールセットと言うように、目標を高く掲げてチャレンジしていける成長意欲が高い方はぜひ一緒に働きたいと考えています。

―スキルといった面では、やはりコンサルティングファーム出身の方がほとんどなのでしょうか?

現状、弊社はコンサルティングファームということもあり、コンサルティングファーム出身者が7割近くを占めています。

特にコンサルタント出身者の中でも、大手のコンサルティングファームで1つのプロジェクトを担当していくよりは、弊社のようなベンチャーのファームで「自分と一緒に会社を成長させていく」「新しいサービスを自分で立ち上げたい」というマインドを持っていらっしゃる方がとても多いですね。

もちろんコンサルタント出身の方でなくとも、そのマインドを持ってご活躍されている方は多いので我々としては前職の内容に拘らず、マインド重視の採用を続けています。

―とすると、コンサルタント以外の職業の方はどのような企業から転職されてくるのでしょうか?

世界で通用する人材を育み未来を創る『Liiga』とは?

戦略コンサル、投資銀行、総合商社、グローバルメーカーをはじめとする若手プロフェッショナルのキャリアを支援します。新しいキャリアの歩み方がこちらにあります。詳しくはこちら

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。