×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

大切なのは自らの市場価値を高めることー私はこうして総合商社へ転職した

date_range 2019/04/16

はじめに

転職を検討していながら、業務内容の異なる他業界への転職へはなかなか踏み出せない、と感じているLiiga会員の方も多いのではないでしょうか。

今回インタビューを実施したのは、日系メーカーから総合商社へ転職された方です。日系メーカーから総合商社へと、業界を超えて転職を決意した背景を語っていただきました。

ぜひ、ご覧下さい。

description

大切なのは「どの会社で働くか」より「自分が何をするか」

- 新卒でメーカーに入社された理由をお聞かせください。

正直、新卒の段階では働いた経験も無かったので、果たして働くことがどういうことなのか、あまりイメージもできませんでした。

一方で恐らく大事なのは、「どの会社で働くか」よりも「入社した会社で自分が何をするか」である、というようなことは思っていて、取りあえずどこかに入って、今後のことは働いてみてから考えよう、くらいに思っていました。

ですので、会社を選ぶ際は、とりあえずの軸で1. グローバル、2. 潰れない(技術力が高い等)、3. 働いている人の好さ、というものを持って色んな会社をみていました。

ただ、それらの条件が揃っている会社は正直いくらでもあるので、数多く選考を受けた中で最初に内定をいただけた会社に行こうと思い、結果あるメーカーへの入社を決めました。

- メーカーに入社されてからは、ご自身のキャリアについてどのように考えていたのですか。

メーカーに入社した当初は、転職せずにその会社で働き続けるかもしれないな、とは思っていました。


続きはログイン後にご覧いただけます。
会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。