×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「カバレッジ&プロダクト:2刀流に加え、任される裁量大」外資系ブティック型投資銀行の魅力と、転職実態に迫る(前編)

date_range 2019-08-21

description

はじめに

現在投資銀行(IBD)にお勤めの方は、新卒で希望の会社に入社したものの、更なるキャリアステップを狙い、若くして「転職」をしたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、他のIBDに移ることや、日系から外資系にチャレンジするにあたり、転職することに不安を抱く方も多いことでしょう。

今回は、着実なキャリアステップを見据え、見事外資系のブティック型投資銀行に転職を果たしたCさんに、転職体験談を語って頂きました。

後編はこちら:https://liiga.me/columns/323



 【目次】
・転職理由は、少数精鋭のハウスで挑戦したいと考えたから
・外資系ブティックの良さは「オーナーシップ」。バルジブラケットは「重厚なチーム体制」
・「他社から自分がどう評価されるのかを試したかった」
・アソシエイトの面接は「即戦力になるか?」。MDの面接は「自分や会社と合うか?」

転職理由は、少数精鋭のハウスで挑戦したいと考えたから


続きはログイン後にご覧いただけます。

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。