「年収は2〜3倍なのに、労働時間は3分の2」 僕がアメリカ就職をオススメする理由 | 海外就職のすすめ(2)
2019/11/13
#GAFAでの働き方 #海外で働きたい

description

ゆうです。

2013年に日本のIT系メガベンチャーの駐在員としてサンフランシスコに赴任し、その後紆余曲折あって、現在はAmazonのシアトル本社でプロダクトマネージャーをしています。

この記事を読まれている方の中には、

アメリカで就職するなんて考えたこともない

あるいは

なんとなくかっこよさそうなイメージはあるけど、具体的なメリットが分からない

みたいな方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな人達のために今回は、僕が是非ともアメリカ就職をオススメしたい理由トップ3、を説明したいと思います。

前回の記事では、勤めていたサンフランシスコ支社が閉鎖になったとき僕には

1. 日本に帰る 2. アメリカに残る

という2つの選択肢があり、僕は「2. アメリカに残る」を選んだというお話をしました。

今回の内容は、僕がこのとき「なぜアメリカに残ることを選んだのか」、その回答でもあります。

〈Profile〉
ゆう
東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了。外資系コンサルティング会社で数年の経験を積んだ後、IT系メガベンチャーに転職。2013年に同社の現地駐在員としてサンフランシスコ支社に赴任。2017年、サンフランシスコ支社の閉鎖を受けてAmazonシアトル本社に転職。プロダクトマネージャーを務める。アメリカ生活7年目。アメリカでの半年間の就職活動経験を活かし、英語や海外就職について発信中。
▶Twitter:@honkiku1
▶Blog:https://honkiku.com/
▶Note:海外就職攻略の教科書

※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。



【目次】
・お金:年収が2〜3倍になる
・時間:労働時間が3分の2になる
・教育:のびのびと子育てできる
・まとめ:僕がアメリカ就職をオススメする3つの理由

お金:年収が2〜3倍になる

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る