「総合商社で40歳年収1500万以上より、死ぬ瞬間に後悔しない道を選んだ」ー私が商社を捨て、メガベンチャーを選んだ理由
2020/09/20
#総合商社の若手は何をしているのか #総合商社の年収 #総合商社から飛び出す戦略 #総合商社で身につくスキル #異業界からITベンチャーに飛び込むには #ベンチャーを出身者の行き先 #新卒内定者必須コラム

description

人気企業ランキングでも常連の総合商社。転職での入社を狙う方も少なくないと思います。一方で、近年では総合商社から若いうちに他業界へ転職した元商社マンも増えています。

そこで今回は、新卒3年目に総合商社からIT系メガベンチャーへ転職した、現在社会人4年目の田中さん(仮名)に、「総合商社からメガベンチャーへの転職体験談」「総合商社とメガベンチャーの比較」についてお話を伺いました。田中さんは「次の次のキャリアから逆算して、社会からの需要があり、かつ自分に最も合ったキャリアは、“IT系企画職”だった」と語りました。その理由とは。



【目次】
・望んだキャリアへの挑戦ができるのは40歳から, 高すぎるリスク
・海外駐在の道を断ち、需要が高まる「IT系企画職」へ
・心から楽しいと思え、キャリアの幅も広がり、給料も上がると思った
・商社の強みは「失敗経験値」。経験者が語る商社・メガベンチャーの長所と短所
・過去ではなく、未来から逆算してキャリアを考えなければいけない

望んだキャリアへの挑戦ができるのは40歳から。高すぎるリスク

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る