×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「この先5年もデスクワーク?」MBBを蹴った総合商社3年目の葛藤にプロがアドバイス

description

高収入、ブランド力、グローバルな事業展開などにより、高学歴学生の間で根強い人気を保つ総合商社。ただ、巨大かつ伝統的な組織の中で、「このまま、ここにいていいのか?」とキャリアについて葛藤する若手商社マンも少なくない。今回は総合商社3年目の大宮さん(仮名)が抱く悩みに、キャリアスクール「我究館」館長の熊谷智宏氏と、Liiga会員の転職支援などに携わるハウテレビジョンの加藤彰紘氏が応えた。

〈Profile〉
大宮さん(仮名)
有名私立大学で電気自動車(EV)の研究などに携わった後、2016年に7大総合商社の1つに入社。本社の管理系部門にて経理やIRといった業務を担う。学生時代、コンサルティングファームの海外インターンシップに参加した経験も持つ。27歳、独身。(本文の顔写真は大宮さんではありません)
写真左/熊谷 智宏(くまがい・ともひろ)
我究館館長で就活対策本「絶対内定」シリーズの著者。 横浜国立大学教育人間科学部学部を卒業後、株式会社リクルートに入社。2009年に我究館を運営する株式会社ジャパンビジネスラボに参画。これまでに3000人を超える学生や社会人のキャリア戦略構築を支援してきた。難関企業への就・転職だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で実績多数。
写真右/加藤 彰紘(かとう・あきひろ)
株式会社リクルートに2009年新卒入社。営業、人事、人材育成、事業開発などを経験した後、2018年にハウテレビジョンに入社。入社以来、次世代経営人材のためのキャリア支援サービス「Liiga」に携わり、20-30代のハイクラス層のキャリア・転職支援、企業・エージェントへの営業・サポート、事業のサービス企画、講座の運営などを担当。

海外インターンで感じたコンサルへの違和感。“主体者”になるため商社へ








続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
プレイヤーの募集はこちら
date_range 2019-12-30

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。