×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

米国企業の採用プロセスは日本とこんなに違う| 海外就職のすすめ(7)

description

ゆうです。

2013年に日本のIT系メガベンチャーの駐在員としてサンフランシスコに赴任し、その後紆余曲折あって、現在はAmazonのシアトル本社でプロダクトマネージャーをしています。

これから何回かに分けて、米国企業に応募してオファー(内定)を獲得するためのポイントを説明していきます。

第一回となる今回は、米国企業の採用プロセスを概観していきます。

米国企業の採用プロセスは日本企業とは大きく異なる部分があるので、その場でワタワタしないように、しっかり予習しておきましょう。

僕はサンフランシスコ支社が閉鎖してから半年間の就職活動期間中、自慢じゃないですがかなりの数の採用プロセスを経験してきましたし(本当に自慢じゃない・・・)、自分が採用する側に回って採用プロセスを仕切っていたこともあるので、この辺けっこう詳しいです!



続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
TECHの募集はこちら

データサイエンティスト(研究開発職)

アジャイルQAスペシャリスト(候補)【株式会社SHIFT】

DAAE推進部立ち上げメンバー【株式会社SHIFT】

サービス開発エンジニア(Salesforce・AppExchange)【Sansan株式会社】

データサイエンティスト(一般コンサルタント職)

date_range 2020-01-17

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。