×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

仕事ゼロから社内表彰されるに至った日本人エンジニアが米Google本社を退職し、起業した理由とは?

はじめに

転職希望者と求人を行う企業の双方が同一のテストを受け、その結果に基づき人材のスキルやスペック以外、つまり性質・価値観・人柄などの部分によってマッチングを図るという転職マッチングプラットフォーム『mitsucari (ミツカリ)』。

このサービスをCTOとして作り上げたのが井上真大氏です。

井上氏は、京都大学を卒業後、新卒でGoogle米国本社に入社し、たった数年のうちに上位数%のエンジニアとして評価され、社内賞を受賞しました。Google退社後は、表氏(ミライセルフCEO)とともにシリコンバレーで起業し、技術の責任者として最先端のマッチングプラットフォームを構築しています。 そんな異色の経歴を持つ彼がここまでに歩んできた道程とは、一体どのようなものだったのでしょうか。

description

PROFILE 株式会社ミライセルフ Co-founder / CTO 井上 真大 (いのうえ まさひろ)

京都大学工学部を卒業後、新卒で米Google本社にソフトウェアエンジニアとして入社。 Google退職後、表孝典(おもて・たかのり)氏とともに株式会社ミライセルフをシリコンバレーにて設立。現在は“企業と人のミスマッチを無くすマッチング型採用プラットフォーム”『mitsucari』を展開中。

官僚からコンサル・外銀志望へ。Googleは本命ではなかった

―井上さんは学生時代、どんな生活を送っていたのでしょう?

Googleに入社する人には、プログラミングやアルゴリズムのコンテストに学生時代から参加しているようなタイプの方も多いのですが、僕は取り立てて特別なことは何もしていない、いたって普通の大学生でした。

―就活は、最初からエンジニア志望だったのですか?

いえ、最初は官僚になろうと考えていました。

僕は「自分がここまで成長してこられたのは教育があったおかげだ」と思っているので、教育を与えてくれたこの国に対して、強い感謝の気持ちを持っています。だから就活を始めた当初から、「自分の能力を国のために活かせる仕事に就きたい」と思っていました。

ですが、官僚という職業について自分で調べ、実際に官僚の方に会ってお話しさせていただくうち、せっかく自分の能力を活かして働いても、純粋な能力や業務以外の部分で、出世の判断をされてしまう場合もあると知りました。「理不尽なことが何より嫌いな僕にとって、それはきっと耐えられないな」と感じ、官僚になるという選択肢は無くなりました。

次に考えたのは戦略コンサルタントです。説明会などでも「頭を使う業界である」との言葉をよく耳にしていたし、頭を使って考えることも好きだったので「これは自分に向いてるかもしれない」と思って。そこで、夏インターンでは外資系コンサルティングファーム全社に応募しました。

それと同時に、「稼げるしすごく優秀な人ばかりだ」という話を聞いて、どんな業界なのかと気になっていた外資系投資銀行にも、2社応募しました。モルガン・スタンレー証券とゴールドマン・サックス証券を受けたのですが、結果的に戦略コンサルは全社落ちてしまいました。しかし、外銀は2社とも合格。

この出来事をきっかけに、「もしかして自分はコンサルよりも、金融の方が向いているのかな?」と思うようになりました。

―合格した2社以外で、インターンに参加した企業はありましたか?

外銀2社以外ではGoogle Japan、そしてGREEのインターンにも受かっていたので、「とにかく受かったところには全部行こう」と決め、最終的に4社のインターンへ参加しました。

モルガン・スタンレー証券では証券トレーダーのインターンに参加したのですが、このインターンがすごく面白くて。机に並んだ膨大な数のディスプレイそれぞれに表示されているグラフがめまぐるしく動き続ける中、みんなの叫び声が常に飛び交っている……とにかくものすごい熱気に溢れた職場でした。それからは、証券会社のトレーダーになりたいと思うようになっていました。

ちなみにミライセルフのCEOである表(表 孝憲氏)との出会いは、このインターンの選考で、彼が面接官として僕の採用を担当してくれたことがきっかけなんですよ。

―それは運命的な話ですね……!

まさか数年後に一緒に起業するとは、その時は夢にも思いませんでした。

モルガン・スタンレー証券でのインターンの後に参加したゴールドマン・サックスのインターンを終えてすぐに、Google Japanでのインターンが始まりました。こちらは金融機関のインターンとは違い、極めて自由で、何でも与えられているような環境でした。僕のプロジェクトが当時たまたま落ち着いた状況だったこともあり、インターン自体もそれほど忙しくはなく、社内で卓球やゲームをするなど、きわめて快適に過ごせる内容でした。

そのインターン終了後に内定をいただいたのですが、最終的に入社するかどうかは、まだ迷っていました。ですが、それから少しして、人事の方から突然「海外で働くことに興味はありますか」という内容のメールが来たんです。

もともと海外への興味は持っていたので、「強く強く興味があります」と返信したところ、そこからは急展開でした。すぐに本社から電話がきて、突然「今から面接する」と言われ、そのまま電話面接を受けました。

―しかし、当時はまだあまり英語も得意ではなかったのですよね?

その通りです。ですので、自分が話せる精一杯の英語で、「自分がいかに優秀で、Googleがいかに自分を採用するべきか」といった内容をひたすら話しました(笑)。

最初は「海外」がまさか米国の本社だとは思っていなかったのですが、結果的に本社勤務という話だったので、「それなら」ということで、最終的に内定を受諾しました。それまでも興味を持っていた「海外で働く」ということが叶うなら、という気持ちもありました。

英語が話せず仕事ゼロ。半年間、ひたすら独学でコードを読む毎日

description

―そんな想いを抱きつつ、2012年にGoogleへ入社されたわけですね。

ビザの関係で入社が遅れて10月入社になったので、大学が終わってから半年間ほど、モラトリアム的な期間がありました。「半年もあれば少しは英語も勉強するかな?」と自分に期待してみたりもしたのですが、結局ずっと遊んで勉強せず、まったく話せない状態のまま入社してしまいました。

―入社時点での英語力はどの程度だったのでしょう?

読み書きはできましたが、スピーキングに関しては本当に中学生レベルだった と思います。

―それって仕事をするうえで、影響はないんですか?

大アリですよ(笑)。 だから入社してからは、本当に大変でした。英語が話せないことに加えて、僕が配属されたチームは新たにできたチームだったので、みんなチームの立ち上げや新しいプロダクトに手一杯。英語も話せないうえに仕事もできない僕なんかに構ってる暇は無いんです。結果、仕事も貰えず会話もできず、チーム内でもおいてけぼり状態になってしまいました。

「何の使い物にもならないままじゃ、すぐにクビになってしまう」と、当時は強い焦燥感に苛まれましたね。実際のところそんなに早くクビになることはないのですが、当時の僕には友達どころか相談する相手もいなかったので、それもわからなくて。最初の頃は毎日毎日、本当に寂しかったです。日本の親しい友達に連絡しては、「日本に帰りたい」とグチっていました。

―そんな状況から抜け出すきっかけは、何だったんでしょう。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
TECHの募集はこちら

データサイエンティスト(研究開発職)

アジャイルQAスペシャリスト(候補)【株式会社SHIFT】

DAAE推進部立ち上げメンバー【株式会社SHIFT】

サービス開発エンジニア(Salesforce・AppExchange)【Sansan株式会社】

データサイエンティスト(一般コンサルタント職)

date_range 2016-04-26

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。