×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

元コンサルでも元投資銀行でもない私が、倍率130倍を突破し総合商社に転職できた理由

description

30代で年収2,000万円に到達することもあるほど、ステータスもサラリーも期待できる総合商社。それだけに転職市場でも人気が高く、選考倍率は100倍を超えることも珍しくありません。

総合商社への転職の実態は、コンサル・投資銀行出身者がほとんどであり、事業会社からの中途入社はハードルが高いといわれています。

今回は、食品系メーカーに新卒入社した後、130倍もの選考倍率を突破して総合商社に転職した高橋 豊さん(仮名)に、「転職に至った経緯」「総合商社に転職をするために必要な経験や能力」についてお聞きしました。

〈Profile〉
高橋 豊(仮名)
財閥系総合商社 食品部門勤務 
2011年に新卒で食品メーカーに入社し、新規ブランドの立ち上げに一貫して携わる。17年11月、新卒時代に一度落ちた総合商社への転職に成功し入社。現在に至る。


【目次】
・新卒で一番面白い仕事を経験したから、転職時期が早まった
・「なぜ?なぜ?なぜ?」。商社の面接は前職の成果を”徹底的”に深掘りしてくる
・20代後半で年収1,200万~1,300万円。前職にかかわらず年収が決まる
・優秀な人材ばかりで成長できた。ただ歯がゆいことは「商社はあくまで脇役」

新卒で一番面白い仕事を経験したから、転職時期が早まった


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
プレイヤーの募集はこちら

【HRマネージャー候補】ITテスト業界のイノベーション・カンパニー

CCCマーケティング 事業企画【弊社限定特典 プロによるレジメ&面接フルコーチング対応ポジション】

【リクルートマーケティングパートナーズ】<年収1000万>◆WEBマーケ◆リモートワーク&副業OK!ガシーな【教育】をWEBの力で変革

【TMI総合法律事務所】弁護士

◆【外資ソフトウェアベンダー】アカウントエグゼクティブ (法人営業)

date_range 2020-03-17

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。