×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

メガバンクから未経験で飛び込んだ、投資銀行M&Aアドバイザリー「信念を貫くことで突破口がひらける」

description

一般的に「将来は安泰」といわれるメガバンクに入っても、求めている働き方とのギャップにより、次のキャリアを考えている人は少なくないようです。しかしそこで問題になるのが、「どんなキャリアを思い描くか」です。

今回お話を伺った鈴木真さん(仮名)は新卒でメガバンクに入行し法人営業を担当。若くして同社のロンドン支店に異動になり、経験を積みました。

その時海外で働くエリートたちから刺激を受け、帰国後しばらくして転職活動をスタート。M&A業務未経験にもかかわらず、証券会社投資銀行部門でM&Aアドバイザリーとしての職を得ました。

ここでは、転職を決めた理由や、未経験にもかかわらずM&Aアドバイザリーで転職ができた要因を中心に、鈴木さんの転職活動を振り返っていただきました。

〈Profile〉
鈴木 真(仮名) 証券会社 投資銀行部門M&Aアドバイザリー
新卒でメガバンク入行。当初は国内で法人営業を担当していたが、若くしてロンドン支店に異動が決定、世界有数の金融街で経験を積んだ。帰国後しばらくしてからM&Aに携われる仕事を求めて転職活動をスタート。未経験にもかかわらず、現職のポストを勝ち取った。


【目次】
・最年少ロンドン勤務から、未経験でM&Aアドバイザリーへ
・転職の理由は「会社に依存しないプロフェッショナリティーを手に入れたい」
・未経験で勝ち取ったM&Aアドバイザリーのポスト。決め手は英語力と体育会経験?
・「未経験」の壁を乗り越える術は、社内事情に振り回されず信念を持ち続けること

最年少ロンドン勤務から、未経験でM&Aアドバイザリーへ

ーーまずはこれまでの経歴についてお聞かせください。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
インベストメントバンキングの募集はこちら

ミドルマーケット向けM&Aアドバイザリー(若手ポテンシャル採用可)

日系インフラファンド 投資担当(ジュニア~シニアポジション)限定募集

資本市場戦略スペシャリスト(IR)

ミドルマーケット向けM&Aアドバイザリー(若手ポテンシャル採用可)

スペシャルティファイナンス 船舶・航空機ファイナンス担当

date_range 2020-05-16

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。