×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「10年後昇進するより、今挑戦できる会社を選んだ」。メーカー→大手広告代理店の転職者が語る広告代理店の実態

description

理系大学院を修了し、新卒で大手日系メーカーにサプライチェーンマネジメントのポジションで就職、その後大手広告代理店の研究開発部門に転職された茂木さん(仮名・29歳)。一風変わった転職を遂げた茂木さんに、「メーカーと広告代理店のカルチャーの違い」「広告代理店社員の実態」などについてお聞きしました。

〈Profile〉
茂木さん(仮名・29歳)
大手広告代理店勤務

理系大学院を修了し、大手日系メーカーに就職。勤務3年目に転職を決意し、大手広告代理店のビジネス開発部門へ。現在は、学生時代に学んだプログラミングのスキルを広告のマーケティングに生かしながら業界の知見を深めている。
※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。


【目次】
・日系メーカーのサプライチェーンマネジメントは、正直簡単だった
・「コンサルは事業会社の請け負いだから、選ばなかった」。新しい仕事を先導できる大手広告代理店へ
・メーカーは真面目な「現場主義」、 広告代理店は「打ち合わせ文化」
・メーカーは同業他社転職が多い。広告代理店は高退職率でGAFA転職の事例も


日系メーカーのサプライチェーンマネジメントは、正直簡単だった


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
date_range 2020-06-01

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。