ケース問題ではどう「思考」すべきか。プロによるケース面接対策 #03

前パートの振り返り

前回のパートでは、「ラーメン屋の売上を推定し、その売上を上げる方法を考えてください」というテーマに対し、「ありがちな良くない例」の様になってしまうのは、「情報・視点を収集する」プロセスがないことが大きな原因であることと、この「情報・視点を収集する」プロセスは、「必要だ」と意識していてもなぜうまくいかない人が多いのかを示しました。

description

前回のコラム:仮説思考の間違った実践とは|プロによるケース面接対策(2)

前パートのまとめ

・ケース面接では、情報の収集や考えの整理がないまま「仮説」という名の「思いつき」を元に話を進め、本来あるべき「仮説」の正しさを検証するプロセスを抜かしたまま議論を進めてしまう人が多い

・本来考える上で、まず思考を「発散」させ広く物事を把握する必要があるが、その時に「ツリー形状」という思考を「収束」させるツールを利用してしまうと、うまく思考を発散できない

・与えられた方眼紙には、面接官に「伝える」内容と、自身が考えるための「伝えない」内容の両方を書くべきなのに、書いた内容を全て話す前提で利用するため、思考の発散がうまくいかないことが多い

本記事の内容

今回の記事では、「どのようにケースを進めていくか」というテクニカルな話について、具体的な段取りの1例を示します。

前回の記事を読んでいることが前提なので、まだ読んでいない方はそちらを閲覧してください。

今回の例示を利用する上での注意点

この記事を読む中で気を付けていただきたいのは、「提示されるのはあくまで1例」であり、「具体的すぎるアドバイスであるため、コンサルタントによって大きく考え方が異なる」ことです。

そのため、具体例そのものだけでなく、「なぜその具体例が良いのか」という「抽象的」な意味合いを取得していただけると、汎用性が高くなります。

最初の3~5分で意識することは?

前回の記事の内容を踏まえて、実際の面接ではどうすべきでしょうか。

最初の3~5分で意識すること

・「最初の3~5分」の考える時間については、「情報・視点を収集する」プロセスのみ行えば十分 (今回の様に、「特定の企業名でない」ケースは、「情報」そのものよりも、「業界を見る視点・考え方」を中心に整理することになるでしょう。)

・「情報・視点を収集する」上で「最初の3~5分間」くらいは、仮説思考より総花的な思考が不足していないことを意識して行う

・「考える内容の幅を狭めない・思考を発散させる」ため、いきなり「ツリー形状」による整理から始めるのは避ける

私であれば、面接官に話さない内容を書くスペースを方眼紙上に用意し、最初の3~5分間で下記のようなことを書きます。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2016-06-22

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。