「新卒から年収格差10倍」「降格人事は日常茶飯事」元TikTok中国本社社員が語る、中国IT業界の“超・結果主義”なキャリア事情

description

TikTokの運営会社であり、CBinsightが2019年1月に発表した「メガユニコーン」リストで堂々の世界1位に輝いたByteDance。今回はそのByteDanceの中国本社に新卒で入社し、現在は日本でAIエンジニアとして活躍している川内光さん(仮名)に取材いたしました。

Liiga読者の中には、米国・中国のBigTechやユニコーン企業で働いてみたいと考えている人も、少なくないのではないでしょうか。

しかし川内さんは「そもそもBigTechやユニコーンというだけで、そこに転職したいと考える発想がアウト」と言い切ります。

川内さんに「中国ユニコーン企業のキャリア事情」「日本のIT企業と中国BigTechの違い」「海外のBigTech・ユニコーン企業転職志望者へのアドバイス」についてお話を伺いました。

〈Profile〉
川内 光(仮名)
国内IT企業 AIエンジニア
日本の大学を卒業後、中国の大学院に進学。卒業後、新卒でエンジニアとしてByteDanceに入社する。2年弱の勤務ののち、日本に帰国。現在は国内でAIエンジニアとして活躍中。
※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。


【目次】
・「新卒から年収格差10倍」「降格人事は日常茶飯事」中国の人事制度は“超・結果主義”
・「社内の隣のチームに負けるな!」「競合転職もニックネームで切り抜ける」中国の激しい昇進・転職事情
・ByteDanceが超ハードでも楽しかった理由は、「結果を出すために100%の時間を使える」環境だから
・ユニコーン企業に向いていない人は、「ユニコーン企業というだけで転職したいと考えている人」

「新卒から年収格差10倍」「降格人事は日常茶飯事」中国の人事制度は“超・結果主義”

――まず、川内さんはByteDanceにはどのような経緯で入社されましたか?

川内:まず日本の大学を卒業後、大学院は中国に留学していました。ByteDanceには中国の大学院時代にインターン生として入社して、そのまま正社員として採用されました。当時のByteDanceの従業員数は1,500人程度。今は5万人を超えていますから、同社がちょうど伸び盛りの時期に入社したことになりますね。

――ByteDanceではどのような仕事をされていましたか?

川内:ByteDanceが最初のグローバルプロダクトとしてリリースしたニュースアプリ「TopBuzz」の動画版「BuzzVideo」のレコメンドエンジンのアルゴリズムエンジニアをしていました。

――中国のユニコーン企業の人たちは、どのような働き方をしているのでしょうか?

川内:一言だと、中国のユニコーン企業はどこも「徹底した結果主義」が浸透していますね。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2020-09-20

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。