×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

グローバルで活躍するために大切なこと-アップル本社で働く日本人エンジニアにインタビュー

はじめに

時代の最先端を走るテクノロジー企業が多く集まる、アメリカのシリコンバレー。わずか10年前には形もなかったベンチャー企業が、あっという間に世界的な有名企業になることも珍しくありません。

そして、そんなシリコンバレーのど真ん中でプレーする日本人もいます。どんなスキル、メンタリティを持つ人物ならそんな場所で働けるのか。ハイテク業界最高峰の企業であるアップル本社で働く日本人エンジニアに、突撃インタビューしてきました。

description

アップルに直接電話して、採用してもらった

-現在に至るまでの経歴を簡単に教えていただけますか?

まず、東京大学を物質化学専攻で卒業しました。ただ、当時は専攻の分野よりもパソコンに興味がありまして、それを生業にしたいと思っていました。理由は、直感とでもいうのでしょうか、「次に来るのはパソコンだ」と強く思ったからです。パソコンと麻雀に熱を上げている学生でした。そして、「パソコンならAppleしかない」とずっと思ってました。

当時80年代だったので、PCは今のように普及していません。Windows95もまだ発売されていない時代です。今でこそ有名かもしれませんが、Appleは当時の一般大衆にはほとんど無名の会社だったと思います。

しかも、アメリカの会社ですから日本のように新卒一括採用なんてありません。そこで「入れてくれ」って電話をしてみたのですが、「新卒は取っていない」と1回は断られました。

けれども、Appleは日本語サポートが手薄だとはもともと思っていたので、「私は御社で○○ができます。ですから、新卒採用がなければ中途で採用してください」と、面接でずっとアピールしていました。電話面接も含めると、10回以上の面接があったかと思います。

採用された理由は、運だと思います(笑)。そして、日本支社で10年働いた後、1999年にアメリカ本社で働きはじめて今に至ります。

-採用過程はどういった形式だったのでしょうか?

だいぶ昔のことになってしまいました。詳細は正直あまり覚えていません。ただ、現在は世界中から採用してくれという応募が殺到しています。本社採用の場合、基本的に中途採用が基本です。

たまに新卒でも採用しますが、そういう場合は、履歴書の学歴、専攻、積極的な活動を重視して面接するかどうかを決めます。

志望動機や経歴で会社との相性を考慮するべきなんでしょうが、応募人数が非常に多いので結果としてそうなってしまっているのが現状ですね。

-なるほど。ちなみに、日米両国のアップルを経験されているわけですが、違いはありますか?

日本支社で働いていた時とアメリカ本社で働いている時を比べると、スピードは全然違います。アメリカの方が断然に早い。やはり、本社の指示を待たなくていいのは大きいです。何か問題があってもすぐ現場に行って解決できますからね。

ここ10年で相当大きな組織にはなりましたが、エンジニア部門の組織体制は大きく変わってないので、現場で会社が大きくなった、成長したという実感は正直ないです。知らぬ間に会社が大きくなっていった感じです。大きく変わったのは株価だけかもしれません(笑)。

-現在は具体的にはどういったお仕事をされているのでしょうか?


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
TECHの募集はこちら

データサイエンティスト(研究開発職)

アジャイルQAスペシャリスト(候補)【株式会社SHIFT】

DAAE推進部立ち上げメンバー【株式会社SHIFT】

サービス開発エンジニア(Salesforce・AppExchange)【Sansan株式会社】

UXリサーチャー【パーソルキャリア株式会社】

date_range 2016-06-30

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。