×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「GAFAMはどちらも定時帰りが普通。出社も不要だった」GAFAM2社経験者が語る、GAFAM社員の働き方・GAFAM転職の秘訣とは?

description

GAFAM(Google・Apple・Facebook・Amazon・Microsoftの世界のIT業界において巨大で支配的な企業5社の総称)といえば、多くの人にとって憧れの企業だと思います。

それだけにGAFAMの実態やGAFAMへの転職方法について知りたい方も少なくないでしょう。

今回お話を伺った高橋哲平さん(仮名)は、現在は日系のスタートアップでマーケターとして活躍していますが、実はこれまでにGAFAMのうち2社で働いていた経歴を持っています。

今回はそんな高橋さんに、「GAFAMに向いている人・向いていない人」「GAFAM社員の働き方」「GAFAMへの転職のために必要な対策」について語ってもらいました。

〈Profile〉
高橋 哲平(仮名)
日系スタートアップ マーケター
国立大学卒業後、新卒で日系企業の社長室へ。その後GAFAM2社を経験し、マーケティングの実績を積む。現在は日系スタートアップに入社し、マーケターとして事業拡大の一翼を担っている。


【目次】
・「GAFAMは成果を出せばどんな働き方をしてもいい。6~7時の定時帰りが普通。ほぼ会社に出てない人も」
・「GAFAMはどちらもオフィスが派手で、効率性を重視していた」GAFAM2社の共通点、日系企業との違いとは?
・GAFAMが向くか否かは「経験したい事業フェーズ」次第。ワークライフバランスだけ見て転職するのはオススメしない
・「GAFAMに転職したいなら、Linkedinはスイートスポットだ」GAFAM2社経験者が語る、入社するために行うべき”2つの準備”とは?


「GAFAMは成果を出せばどんな働き方をしてもいい。6~7時の定時帰りが普通。ほぼ会社に出てない人も」

――まずは高橋さんのご経歴を教えてください。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連した人気求人はこちら
date_range 2020-09-04

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。