「結婚も出産もしたかった。だからトップ外資系戦略コンサルファームに転職した」20代女性コンサルタントが語る、女性のキャリアと人生の上手な考え方

description

安定した人生を歩めるキャリアを築いていても「キャリアの幅を広げるために今とは違う道を選ぶべきかどうか……」と悩んでいる女性の方は少なくないかと思います。特に結婚や出産を意識している方ならなおさらでしょう。

今回取材した浅井真美さん(仮名)は現在26歳。私立大学を卒業して、日系メガバンクに法人営業として入社。その後間もなく外資系戦略コンサルのトップファームに転職し、昨年からアソシエイトとして働いています。

今回は浅井さんに「日系メガバンクという安定のキャリアを捨て、外資系戦略コンサルを次のキャリアに選んだ理由」「メガバンクと戦略コンサルの女性の働き方の違い」について伺いました。

〈Profile〉
浅井 真美(仮名)
トップ外資系戦略コンサルファーム アソシエイト 私立大学卒業後、日系メガバンクに法人営業として入社する。とある案件での経験をきっかけにM&Aに興味を持ち、投資銀行部門に異動。その後戦略コンサルへの転職を志し、1年後に外資系戦略コンサルにキャリアチェンジを果たす。


【目次】
・「結婚もしたいし、出産や子育てもしたい。だから出産後のキャリアを自由に選べる戦略コンサルタントを選んだ」
・「戦略コンサルに産休・育休はあるが、そもそも女性が少ない」戦略コンサルとメガバンク、それぞれの産休・育休事情
・女性のコンサルタントが仕事も家庭も安定させる鍵は「最初のアップ・オア・アウト」を乗り越えること

「結婚もしたいし、出産や子育てもしたい。だから出産後のキャリアを自由に選べる戦略コンサルタントを選んだ」

――希望していた投資銀行部門への異動が実現したにもかかわらず、たった1年ほどで戦略コンサルに転職されています。なぜこのような決断をされたのですか?

浅井:「今動かないと後悔する」と思ったからです。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2020-11-20

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。