description

外資系投資銀行といえば、超ハードワークでありながら若手でもかなりの年収が稼げる人気のキャリア。一方、PEファンドも企業の経営に最も近い立場で株主としてコミットでき、かつ高収入を稼げる憧れのキャリアです。

しかし外資系投資銀行もPEファンドも入るのは「超狭き門」でもあります。

そこで今回は、新卒で外資系投資銀行に入社したのち、現在はPEファンドに転職した畑山浩二さん(仮名)に取材を実施。

「外資系投資銀行とPEファンドに入るためのポイント」のほか、畑山さんが経験した「外資系投資銀行のタフな労働環境」「年収1,200万円減でも投資銀行を辞め、PEファンドに入社した理由」についてお聞きしました。

〈Profile〉
畑山浩二(仮名)
外資系PEファンド アソシエイト
某私立大学を卒業後、外資系投資銀行に新卒として入行。6年間カバレッジ(案件獲得)部隊に所属し、M&Aや採用業務に携わる。その後、より企業や事業にコミットするためにPEファンドに転職し、2020年4月より現職に就く。



【目次】
・「年収は1,200万円減った。それでもPEファンドに行きたかった」転職の理由とは
・「会社を出るのは夜3時」「案件がとれるかは運ゲー」外資系投資銀行の過酷な実態
・外資IBDの採用基準は新卒も中途も「覚悟と根性」!? 元採用担当者が語る実態
・「採用は常にある」が「PEファンドは前職のエースしか採用しない」。狭き門をくぐるために求められるもの
・PEファンドを目指すなら、どんなバイアウトに関わりたいかを明確にせよ

「年収は1,200万円減った。それでもPEファンドに行きたかった」転職の理由とは

――まずはご経歴について教えてください。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2020-11-20

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。