「月収2,000万円の月もあれば、月収14万円の月もあった」現役外資系生命保険マンが語る、生命保険フルコミッション営業の実態とは?

description

コロナの影響で様々な変化が起きている中、外資系生命保険会社のフルコミッション営業職は依然、人気の職種となっています。そこで今回は、現役で活躍されている営業マンにお話を伺いました。

前川誠二さん(仮名)は、薬剤師として働かれた後に、外資系生命保険会社のフルコミッション営業へ転職されました。未経験からキャリアをスタートし、MVPの受賞もされました。

今回は前川さんに「外資系生命保険営業の年収とプライベート」「トップ生命保険営業マンと前職との意外な共通点」「外資系生命保険営業への転職を検討している人へのアドバイス」についてお話しいただきました。

〈Profile〉
前川 誠二(仮名)
外資系生命保険会社 フルコミッション営業職
地方私立大学の薬学部を卒業後、薬剤師として地元の私立病院に入職。2年勤めたのち、友人の紹介を経て現在の外資系生命保険会社に転職。現在に至る。



【目次】
・「年収5,000万円以上の営業マンは300人いる」「年収1億円稼ぐ人も」外資系保険会社フルコミッション営業のお金事情
・「生命保険に満足している人は1割未満」生命保険営業の実情とは?
・「営業経験がないからこそMVPがとれた」営業経験者がむしろ陥る失敗とは?
・「この業界で頑張りたいなら、人間性を磨くべし」転職希望者へのアドバイス

「年収5,000万円以上の営業マンは300人いる」「年収1億円稼ぐ人も」外資系保険会社フルコミッション営業のお金事情

――フルコミッション営業というと稼げる人は大きく稼げる一方、稼げない人は全く稼げないというイメージがありますが、実際はどうでしょうか?

前川:イメージ通りだと思います。私も一番稼げなかった時期で月収14万円という月がありましたし、月収2,000万円という月もありました。

――月収や年収はどのように決まるのですか?


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2020-10-20

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。