「PEファンドに転職できるかは、“実力+椅子が空いてるか”どうかで決まる」現役PEマンが語る、転職成功のカギとは?

description

「30代で年収1億円」という話もあるPEファンドのお仕事。現在、戦略コンサルファームや投資銀行業界などプロファームに在籍されたビジネスパーソンの転職先として人気が高まっている業界でもあります。投資や経営に興味のある人の中には「いつかPEファンドへ」と思っていてもなかなか動けない......という人もいるのではないでしょうか。

今回お話を伺った横井聡さん(仮名)は、新卒で日系大手メーカーに就職。法務などの仕事に携わったのち、戦略コンサル・FASを経て、現在のPEファンドに転職した方です。

そんな横井さんに、PEファンドに転職しようと思った理由や、PEファンド転職で役に立った戦略コンサルとしてのスキル、そしてPEファンド転職の実情とリアルな選考対策についてお聞きしました。

〈Profile〉
横井 聡(仮名)
PEファンド アソシエイト
大学卒業後、日系大手メーカーに就職し、法務の仕事に携わる。その後外資系の戦略コンサル・FASを経験したのち、PEファンドに転職。現在は新規投資案件のソーシングに携わっている。


【目次】
・「戦コンマネージャーでも、PEファンドでは書類で落とされる」元コンサルが狭き門に挑もうと思った理由
・「ビジネスDDとハンズオンの経験が生きる」戦略コンサル出身者と投資銀行出身者がPEファンドで求められるスキルの違いとは?
・「転職できるかは実力だけでなく“椅子”が空いてるかどうかで決まる」PEファンド転職の実情とリアルな選考対策
・「PEファンド転職でワークライフバランスが圧倒的に向上」「まずはちゃんとPEマンとして実績を積みたい」PEファンドの働き方と見据えている将来像

「戦コンマネージャーでも、PEファンドでは書類で落とされることも」元コンサルが狭き門に挑もうと思った理由

――PEファンドはかなりの狭き門といわれていますが、実際はどうでしょうか?

横井:日系の有名なPEファンドでは、外資系の世界的な戦略コンサルファームでマネージャーを務めていた人でも書類選考で落とされたと聞いたことがあります。狭き門であることは間違いないでしょう。

――そんなハードルの高いPEファンドに挑戦しようと思ったのはどうしてですか?

横井:このままコンサルを続けていても、担当クライアント(会社)を抜本的に変えるのは難しいと感じたからです。...


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2020-12-27

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。