「異動させられるのはエースの証拠」「普通に優秀なだけでは上にあがれない」メガベンチャーは本当に裁量権を得られるのか?【元DeNA与田氏×現役LINE社員対談 後編】

description

「ゆくゆくは自分の会社を作りたい」と考えている人にとって、企業での新規事業立ち上げの経験は、将来に直結するキャリアとなります。

メガベンチャーは、そうした新規事業に関わるチャンスが多いようなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

DeNA・LINEの2社それぞれの社風などについてお話しいただいた前編に続き、元DeNAで現在はウェルマーケ株式会社の創業者・代表取締役である与田良介さん(本名)、そして現役のLINEエンジニアである花山幸司さん(仮名)に対談を行っていただき、メガベンチャーの働き方について詳しくお伺いしました。

〈Profile〉
与田 良介(本名)
ウェルマーケ株式会社 代表取締役
大学を卒業後、2014年に株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に新卒入社。EC事業部にて広告営業、メディア部にてSEO対策やアプリの企画開発、新規事業部でのマーケティング・PR活動に従事。17年からREAPRAにて経営企画業務を担った後、ウェルマーケ株式会社を設立。
花山 幸司(仮名)
LINE株式会社 エンジニア
大学を卒業後、大手IT企業にエンジニアとして新卒入社。その後IT系企業2社を経て、LINE株式会社に入社する。新規サービスの企画・開発に携わっている。

【目次】
・メガベンチャー2社の”裁量”は?「DeNAでは上司の1.5倍は仕事ができないと上にはいけない」「LINEはローカルサービスの裁量が大きい」
・メガベンチャー2社ではどれくらい”チャレンジ”できる?「DeNAはエースになれば新規事業に抜てきされる」「LINEは新規事業の”中身”にはコミットしやすい」
・「ビジネスの本質を知ることができた」メガベンチャーで身につく、起業のための経験とノウハウ


メガベンチャー2社の”裁量”は?「DeNAでは上司の1.5倍は仕事ができないと上にはいけない」「LINEはローカルサービスの裁量が大きい」

――一般的に「メガベンチャーでは若手でも裁量が大きい」というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

与田:他の会社に比べて、大きい方だと思います。例えば私が新卒2年目の時は、企画開発職にいて、キュレーションメディアのSEO担当者をやりながら、アプリ開発のプロダクトマネージャーも任せてもらっていました。

私の運が良かったこともありますが、他社だとこれだけの裁量を得るのに3〜4年はかかる場合もあるのではないでしょうか。

ただし、普通に優秀なくらいでは、なかなか裁量権を得られないというのも事実です。

――普通に優秀、というのは?


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2021-01-29

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。