×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

メーカーから投資銀行へ転職を決めた理由と、その苦悩

はじめに

皆さんの中にも、「自分は絶対この会社で定年まで働くんだ!」と考えている方ばかりがいるわけではないと思います。

いずれ迎えるかもしれない転職や独立に関して、現段階から少しでもその事情について理解しておくことで、岐路にたった時に選択肢が広がるかもしれません。

今回は、新卒入社したメーカーから投資銀行へ転職した方に、転職に至った経緯と転職の実情について伺いました。

description

筆者について

私は某大手メーカーに数年勤務した後、現在は日系証券会社の投資銀行部門にてクライアントの資金調達サポート等、日々の業務に翻弄されている怜です。

皆様も想像がつくかと思いますが、いわゆる大手のメーカーは、その独自の技術力やノウハウ等に立脚しており、比較的安定した業界とも言えます。他方、投資銀行は、金融業界全体に言えることではありますが、サービスの差別化というものが比較的難しく、業界的にも不安定でもあります。

新卒でメーカーに入社してから、ある意味真逆の世界である投資銀行に転職するまでを振り返ってみます。

関心のあった事業、自分のやりたいことができる企業を選んだつもりだった

私は学生時代に国際協力を行うサークルに所属していました。その活動の一環でカンボジアやミャンマー、フィリピン等のいわゆる発展途上国を訪れた際、現地のスラム街や、地方の農村においての生活を目の当たりにして、大きなショックを受けました。

description

日常生活において最も不可欠だと感じたインフラに関わることのできる仕事に就きたいという思いをもって、就職活動を始めました。自分の軸がはっきりと見えている就活生だった、といえるかもしれません。

海外のインフラプロジェクト等の政策立案のできる、省庁など政府系機関に入ることも検討しました。ただ、私は立案よりも、実際に現地に行って活動をすることの方が好きだったので、メーカーや商社といった複数の事業会社を受け、なかでも国内メーカーとして、ある分野で最も大きな事業を手掛けた実績のある某大手メーカーに入社することを決めました。

入社したメーカーの競争力の低下を実感

入社後は、かねてより希望していたプラントのプロジェクトに関わったり、その他の製品の輸出業務に携わったりと、様々なことを経験できました。

しかし、海外の新興メーカー等が力をつけてきており、自社の競争力の低下を実感し始めたこと(実際に、プロジェクトへの入札準備中、マネジメント層が利益率の低さを理由に入札を断念させることも少なくありませんでした)、そうした状況下で事務系として現状を打開できず、ただ慣れた業務をこなすだけの作業屋となってしまっていたこと、そしてこれからもその状況が続いてしまうのではないかという不安が私を襲いました。

転職にあたっては前職のメーカーでの反省点を踏まえ、以下の2つを重視することにしました。

(1)短期間で多くのプロジェクトに関わることができ、結果として自身も成長ができる
(2)理系/文系を問わず活躍ができる

(1)は、前職のメーカーで関わったプロジェクトが、入札準備から実際にプラントが運転を開始するまで4~5年近くかかったことから、気が付いたら年をとったおじさんになってしまうかもしれない……と危惧したこと、(2)は、メーカーはやはり理系(研究職)が生み出し発展させていく技術に立脚し、文系(事務職)はそれに依存するため(あくまで私個人の感想です)、満足できなかったことが背景にあります。

案件を主導する立場になるためには、文系の自分でも専門性をつける必要がある、というのが前職での気づきです。

会計士等の士業に就くことも考えましたが、必ずしもなれる保証があるわけではなく、社会人として1から目指すのはリスキーだとも思い、コンサルタントや投資銀行マンといったプロフェッショナルになることを決めました。

経済学部出身で金融についてイメージをしやすかったこと、今後のキャリアチェンジで投資銀行を離れるとしても、ファイナンスの知識があれば経理や財務といったポジションで他業界でも引き合いがありそう、と考えて投資銀行を第一志望にしました。

なぜ投資銀行なの?には面接官の気持ちを汲んで答える


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
date_range 2016-09-08

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。