(後編)マッキンゼー、カーライルを率いた第一人者も共感する投資ファンド

sponsored by みさき投資

みさき投資は、投資先の経営陣とともに「働く」ことで上場企業の進化を応援する「エンゲージメント投資ファンド」だ。経営陣と敵対しがちな「物言う株主」でもない。『働く株主®』という新たなコンセプトを世に送り出し、投資先企業と、投資家の双方から高い評価を受けている。そうした独自のスタンスに共感する人がいる。元マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長であり、元カーライル・ジャパン共同代表の平野正雄氏だ。戦略コンサルティングファーム、そしてPE(プライベート・エクイティー)ファンドでトップを務めた平野氏が見据えるみさき投資の未来とは。みさき投資のマネージング・ディレクターである中尾彰宏氏とともに率直な思いをつづるコラムを、前編・後編の2回にわたってお届けする。

前編はコチラから

description

〈Profile〉
写真右/平野正雄(ひらの・まさお)
みさき投資・社外取締役
東京大学工学系反応化学修士、スタンフォード大学工学系経営工学修士修了。東京大学工学博士。 1987年から20年間、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて経営コンサルティングに従事。1998年から2006年までは、マッキンゼー日本支社長として日本における業容拡大を推進する。2007年から2011年まで、PEファンド大手カーライル・ジャパンの共同代表。2012年より早稲田大学ビジネススクール教授(現任)。2020年、みさき投資の社外取締役に就任する。
写真左/中尾彰宏(なかお・あきひろ)
エンゲージメント投資 マネージング・ディレクター
京都大学工学部、同大学院工学研究科機械理工学専攻修了。新卒でコーポレイトディレクションに入社し、その後A. T. カーニーでは大手製造業を中心に事業戦略策定・新規事業立案・業務改革などの幅広いテーマに携わる。2017年にみさき投資に参画。投資案件のリーダーとして経営者とのエンゲージメント活動にあたっている。



リスクを背負い、企業経営全体と長期に亘って向き合う

中尾:日本企業が「株主価値を高めることは経営の基本的なミッションだ」と認識するようになったのは2010年前後、それまでかなりの時間がかかったというお話がありました。一方で私が感じるのは、投資家側にも問題があるのではないかということ。経営をちゃんと理解できる投資家が少なく、短期的な業績当てクイズばかりに終始していたために、経営者から疎まれる存在だったのではないでしょうか。

我々はそうした状況にアンチテーゼを唱えたい。投資家という立場でありながら、経営者と強固なパートナーシップを築き上げ、ともに経営改善に取り組んでいく。『働く株主®』という新しいモデルを確立し、日本に根付かせていきたいと考えています。平野さんの目から、この事業モデルはどのように見えているでしょうか。特に、コンサルファームやPEとはどう異なるのでしょうか。

平野:非常にイノベーティブな取り組みですし、皆さん一人ひとりがアントレプレナーとしての気概を持っていますよね。経営改善への提言という観点でいえば、一般的なコンサルタントと立場が違う。コンサルティングファームはどうしてもプロジェクトベースでのお付き合いになりますから、経営のどこか一部を改革するという限定的なミッションを担うことになります。

私がコンサルティング業界に入ったころと比較するとはるかにマーケットは拡大していますが、大きくなっているのは主にオペレーショナルな部分やデジタル系の領域。もちろん、それはそれで重要なプロジェクトであることは間違いありません。ただ、やはり経営の根幹的な部分からは離れていってしまうわけです。

それに対してみさき投資は、経営全体を俯瞰(ふかん)して企業価値を高めていくことが求められます。しかも自分たちも株主になっているわけですから、企業とリスクをともにしている。その切実感、ダイナミックさは、経営コンサルティングやアドバイザーとは本質的に全く異なります。

非常に難しいチャレンジなのですが、それをエキサイティングだと感じる人がここに集まってくるのではないでしょうか。さまざな指標をひも解くと、残念ながら日本の大手企業はあまり生産性が高くないのが現状です。しかし逆に言えば、多くの領域で改善の余地が残されている。経営者の背中を押しながら大きく生産性を高めていき、その結果として投資家にしっかりと還元していく。そうした新たな流れを作るために全力を注いでいるのが、みさき投資という会社だと思います。

description

改革意欲ある経営者と信頼関係を構築し、リスクテイクに伴走し、喜びとリターンを分ちあう投資フィロソフィー

中尾:コンサルファーム出身の私からしても、自分が投資したいと思える上場企業や経営者の方を自ら選んではたらきかけていけることは、みさき投資ならではのやりがいだと思います。他方で、PEファンドとの違いはどう感じていらっしゃいますか?最近では、PEファンドの中でも上場会社に上場を維持したまま出資するケースも出てきているようです。みさき投資と役割が重複してくるようにも思いますが、平野さんはどうお考えですか?

平野:1つ大きく違うのは、投資に対するフィロソフィーです。PEファンド、より具体的にはバイアウトファンドは元々、企業を買収して丸ごとリスクを引き受けるスタイルですから、比較的手堅いバリューアッププランを描きます。投資前にコストダウンや店舗展開といった確実性の高い事業計画を作り上げ、随時検証しながら着実に実行していく。これはPEファンドのモットーでもあり、技術でもあるので、対象が上場企業への部分出資になっても、その手堅さは変わらないでしょう。

一方でみさき投資は、企業に本質的なリスクテイクを促して、企業変革へと導いていく。かなり大胆なスタンスだと思います。いわばグロース型の投資戦略ですが、そうした変革プランをできる限り確信を持てるまで検証を重ねて提供している。投資手法的な差以上に、このフィロソフィーの部分が両者の性格を異にしているのではないでしょうか。

中尾:おっしゃる通り、我々は多分に「不確実な将来」に投資しています。目指しているのは、経営者が思い描く“Idiosyncratic Vision”をともに実現すること。現状起点で考えた目に見えるキャッシュの積み上げだけではなく、未来志向で考えた経営進化への投資です。改革がうまくいかなければ何も変わりません。しかし、うまくハマったときには想定を超える、数倍の企業価値を実現することもあります。

そう考えると、事業やサービスの特性だけでなく、経営者の方がどういう人物なのかという見立てが極めて重要なポイントになります。我々が見極めるというと大変おこがましいですが、高い成長目線を持ち、社会のために会社を良くしていくんだという変革への情熱を持った方とパートナーシップを構築していくことが大切です。

平野:みさき投資の視点でいうと、ぜひ投資して一緒に価値を高めたいと思える企業に出会えるかどうか。逆に企業経営者からすれば、みさき投資をともに改革に向かうパートナーだと思ってもらえるかどうか。ある種のご縁と、たゆまぬ努力の両面が求められる世界ですね。

合理性も社会性も極めて高い理念に対して、中尾さんをはじめとした若いメンバーが全力で試行錯誤を繰り返している。この年齢になって、そうした意気軒高な若者たちと同じ船に乗せていただいているというのは、私にとっても非常に刺激的です。

中尾:そう言っていただけると、私としても嬉しいです。経営者と対峙しなければならないからこそ、個人としても大きく成長できるのだと思います。計算しやすいコストダウンや業務効率化といった個別改善でもない、右に進むか左に進むかで企業の未来が大きく変わってしまう決断に向き合うためには、ありとあらゆる能力が求められます。経営戦略やファイナンス、ガバナンスといったテーマの知見、分析力や洞察力といった技術はもちろんのこと、経営者や社内を動かす人間的魅力が絶対に必要ですし、大きな責任を背負う決意や覚悟も欠かせません。

description

キャリアの広がりを生む、“経営×投資×ファイナンス“の新たなプロフェッショナルモデル

平野:個々人の人間性だけでなく、組織としてもフェアで健全な成長を促そうという取り組みは活発ですよね。私が最初に関わらせていただいたのも、評価制度の設計やアドバイスでした。さまざまな制度や待遇、そうしたことに対して、シニアのメンバーが大いに心を砕いている。あらゆるプロフェッショナルファームがそうですが、結局最後はどれだけ魅力的で能力の高い人たちが集まるかということに尽きます。その人たちの総和として、ファームの競争力、成長力があるわけです。

そうした人材を受け入れて、いかに成長を促進して活躍してもらうことができるか。その真摯(しんし)な取り組みも、みさき投資の特徴だと思います。投資先への思いもあるし、投資家にリターンを還元するというコミットもありますが、そのためにもまずは組織としてのみさき投資をどう魅力的で成長できる場にしていくか。先ほどシニアメンバーと言いましたが、若い方も含めて全員で素晴らしいチームをビルドしようとしています。

逆に言えば、完成された場所にいきたい人には向かない会社かもしれません。投資の世界はとても広くさまざまな手法が存在していますが、その中で新しいやり方を模索して、それを実現するための組織づくりにもトライしている。この2点に興味を持っていただけるなら、ぜひ一度会いに来てもらえるとうれしいですね。

もちろんみさき投資としては優秀な人材に長く働いてもらえる場所であるように最大限の努力を払っていますが、ここでしっかりと経験を積めば、ネクストキャリアを切りひらくこともできることも魅力になるでしょう。PEファンドでも当然通用するでしょうし、投資家として進化していく選択肢もある。事業会社のCFOやCEOといった道にもつながっています。資本市場の特性も実体験として深く理解をし、企業経営にも深い知見を持つ。現代の企業経営においては、経営にも資本政策にも精通している人材は重要であり希少価値も高いので、幅広い可能性が広がっていくのではないでしょうか。

中尾:我々は、投資モデルやビジネスモデルと同様に、プロフェッショナルファームとしても新たなモデルを築けないかと模索しています。これまでの概念における投資家でもコンサルタントでも経営者でもない。資本家と経営を融合した『働く株主®』という、これまでの世の中にはなかったロール。この道を極めれば、どんな場所でも活躍することができる。そんな人材輩出ファームになっていきたいですね。そして、そのファーム・ビルディングを一緒にやるんだという起業家精神を持つ方が、今のみさきにぴったりなのだと思います。

最後に、今後の人生やキャリアの在り方を検討している方に向けて、平野さんからメッセージをお願いします。

平野:みさき投資のスピリットにもつながりますが、個人としてもリスクを取って踏み出さなければ輝く未来は開けない。そういう社会になりつつあると思っています。いわゆる「カリキュレイテッド・リスク」と呼ばれる考え方。リスクの性質を一人称で見極めた上で、意思をもってリスクをとるということです。

自分として価値のあるリスクだと判断したなら、思い切って一歩踏み出すことが非常に重要です。その中でみさき投資はさまざまなキャリアの可能性があり、自分自身を成長させられる場でもありますから、有力な選択肢になるのではないでしょうか。

一歩踏み出すことで自分が暮らしていた世界が一変する。私自身もこれまで、その繰り返しで生きてきました。まったく知らなかった仕事や世界を知り、これまで出会えなかった人と出会うことで視野も展望も大きく広がる。この経験は間違いなく、キャリアや人生を豊かにしてくれると確信しています。

中尾:リスクを取って時代を駆け抜けてこられた平野さんがおっしゃると、とてつもなく説得力がありますね。本日はありがとうございました。

description

 


このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2021-05-06

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。