「今からこの職種を目指すのは反対」現役データサイエンティストが語る“ゲーム感覚で分析をするマニア集団”のリアルと未来

description

ビッグデータやAIが取り沙汰されるようになり、現在注目の職種となっている「データサイエンティスト」の仕事。しかし、憧れはあるものの、実際にどんな仕事をしているのかは知らないという人も多いはず。

そこで今回は、4大会計監査法人FASにて現役のデータサイエンティストとして働く石原裕太さん(仮名)に、具体的な仕事内容や所属するチームの空気感、この仕事に求められる素質のほか、データサイエンティストという職種の未来についてお話しいただきました。

〈Profile〉
石原 裕太(仮名)
会計監査法人FAS データサイエンティスト

国立大学大学院を修了後、新卒でEC商社のSEとして就職。5年間勤めたのち現在に至るまで、4大会計監査法人FASにてデータサイエンティストとしてM&A補助のための分析業務に従事している。

※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。


【目次】
・「主な仕事は“定量的な”マーケティング」データサイエンティストの日常
・「ゲーム感覚で分析をする変態集団」データサイエンティストの働き方と生態
・「データサイエンティストに必要なのは“好奇心”と“折れない心”」
・「今から目指すつもりなら絶対に反対」現役が見据えるデータサイエンティストの未来とは?

「主な仕事は“定量的な”マーケティング」データサイエンティストの役割

――データサイエンティストは、普段どんなお仕事をしているのですか?

石原 : 主な仕事は、BIツールなどを使った定量的なマーケティングです。

例えば「コンビニAがなぜ売り上げが悪く、その原因がどこにあって、どんな施策を打てば状況が改善されるのか」をデータを使って分析、未来予測をしたうえで、わかりやすくビジュアル化するのが私の仕事です。

――クライアントへのプレゼンなどもデータサイエンティストの仕事なのですか?

石原:いえ、私はプレゼンが下手なので、基本的には“分析屋”です。プレゼンは話すのが上手な他のコンサルタントにお任せしています。

――所属するチームには、研究畑の出身者や、SE出身者が多いのですか?

石原:私も含め研究畑出身の人間は全体の半分くらいです。残り半分は


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2021-05-03

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。