「転職は“自分の状態がいいときに”」マーケティング職で8社渡り歩いたベテランが語る、仕事の醍醐味と転職の極意

description

事業全体を俯瞰(ふかん)しながら、消費者にアプローチをかけていくマーケティング職。上流工程で大きな数字を動かすこの仕事に憧れて「いつかはマーケターに」と考えている人も多いのではないでしょうか。

入間勝さん(仮名)は「自分の手でムーブメントを作りたい」という思いから、新卒で入社した大手小売業から広告代理店に転職。その後はマーケターとして10年、合計8社以上を経験してきました。

今回はそんな入間さんにマーケティングの仕事の醍醐味(だいごみ)、転職の軸やコツについてお伺いしました。

〈Profile〉
入間勝さん(仮名)
ITスタートアップ マーケティングマネージャー 大学卒業後、新卒で大手小売業に入社。その後広告代理店を経て、合計8社以上のマーケティングに携わる。現在はITスタートアップにてブランドマネージャーを務める。

※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。


【目次】
・「マーケティングは事業の代弁者」ベテランが語る、マーケターの醍醐味と責任
・「転職の軸は、マーケターとして何が足りないか」マーケティング職にこだわってきた理由
・「異業界に行くたび、頭から煙が出るほど勉強した」異業界転職で失敗しない仕事&人間関係のコツとは?
・「マーケターを目指すなら積極的な公私混同を」「転職は”自分の状態が良いとき”にすべし」

「マーケティングは事業の代弁者だと思う」ベテランが語る、マーケターの醍醐味と責任

――マーケティングという仕事の醍醐味を一言で表すとしたらどんな言葉になりますか?

入間事業に対して大きなスケールで関われることですね。マーケティングは事業の代弁者なんです。私自身も若い頃は「派手で面白そう」というイメージでしたが、この仕事の本質はもっと深く、高いところにあると思っています。

そのぶんプレッシャーも大きいですけどね。サービスがローンチする前の夜は、胃が痛くなることもしょっちゅうです(笑)。

――営業とマーケティングには似通った点があるように思いますが、似て非なるものなのでしょうか?

入間:やはりスケールが違います。確かに企業に対して仕掛けていく営業と、消費者に対して仕掛けていくマーケティングという言い方をすれば、「外部に仕掛けていく」という点では共通しています。

ただ誤解を恐れずに言えば、


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2021-05-05

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。