内定に近づく職務経歴書の書き方〜事業会社⇨戦略コンサル転職を例に〜

コンサルティング業界の盛り上がりは近年拡大しています。新卒だけでなく、中途市場でも人気を誇る業界の一つとして、戦略コンサルティング業界があげられます。

多くの魅力があるこの業界にどうすれば転職できるのか知りたい方もきっと多いと思います。転職の難易度が高いこの業界への転職活動を成功させるために重要な要素として、職務経歴書が挙げられます。 そこで、本記事では、メーカーやITなど事業会社に勤められている方が、戦略コンサルティング業界に入るためにはどのような職務経歴書を書けばいいのかをお伝えできればと考えております。

【目次】
・戦略コンサルと総合コンサル。コンサル群雄割拠の時代の生き残り方
・戦略コンサルタントが魅力的な職場になる理由。それは、ビジネスパーソンが凌ぎを削って転職を目指すから
・この仕事はアピールできるの?強く印象付けられる事業会社の職務経歴書の書き方
・情報不足によるミスマッチを防ぐ。エージェントなしでの戦略コンサルへの転職は困難
・おわりに



続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2021-11-20

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。