history2020-08-13
PwCアドバイザリー Deals Operations Advisory【プロによるフルコーチング対応ポジション】
{{hasStocked ? 'folder' : 'folder_open'}}
{{stockCount}}

どんな仕事か

Deals Operations Advisoryは、国内外のクライアントに対し、買収後の経営統合(PMI) とそれに伴うガバナンスの整備や、一部事業の譲受、譲渡取引(カーブアウト)に関するオペレーション面からのデューデリジェンス、ジョイントベンチャー設立まで、M&Aにおける経営やオペレーション面での支援を行っています。国内、クロスボーダーのM&A取引の増加、個別取引の複雑性の増大をうけて、私たちのビジネスは急速に成長中であり、私たち自身も継続的なイノベーションによりクライアントの成功に向けて日々邁進しています。 ビジネスの拡大に伴い、チームメンバーには海外プロジェクトへのアサインを含めた新たな経験や国内外でのPwCにおけるスキル習得など、キャリアアップの機会を提供しています。Deals Operations Advisoryの一員となることで、エキサイティングなM&Aを通じて国内外におけるクライアントの成功に寄与するとともに、自らを大きく成長させることができます。 Deals Operations Advisoryは、さまざまなバックグラウンドや男女比、国籍の面から見ても多様な人材が集まる、ダイバーシティの進んだ組織です。個人の学びとチームでの議論を重ねつつ、互いに助け合うことによるワークライフバランスを実現しながら、クライアントに対する質の高いサービスを提供しています。 <主要サービス> 経営統合(PMI) カーブアウトアセスメント

この仕事の魅力

★PwCコンサルティングのアドバーテージ from担当コンサルタント グローバル施策展開においては世界157ヶ国にまたがるGlobalなネットワークと豊富な知見を活用し、クライアントの課題解決やプロジェクト推進を支援いたします。 「Brand Finance Index2017」では、世界で最も強力なブランドに選出された名門企業!

必要なスキル・経験

・コンサルティングファームで実務経験がある方(担当領域は問いません) 【スキル】 ・戦略、経営管理、財務・会計、など一定の業務分野に対する知見 ・コンサルティング能力、事業分析 ・クライアントリレーション能力、コミュニケーション・レポート作成能力 【資格】 ・英語力:Senior Manager以上はビジネスレベル必須 ※Managerまでは尚可

歓迎条件

・M&Aアドバイザーとして統合支援、財務DDのプロマネなどの実務経験5年程度 ・M&Aディールに情熱を感じ、クライアントの統合案件成功に熱意を持って取り組める方

年収 応相談
ポジション Deals Operations Advisory
勤務地 東京都

担当エージェント

MOT Big Advantage ★ 株式会社MOTは、中国・台湾の準国家プロジェクトへの参画経験を有するヘッドハンターが代表を務める、Boutique Search Firmです! ★ ヘッドハンターの最大の強みは人脈! ビジネス界を網羅する三田会人脈を活用して企業開拓を進めているため、弊社とクライアントに主従関係はありません。 ⇒ MOTだけのExclusive案件を常時ご用意しております。 【Exclusive案件】 某超有名大手企業事業企画マネージャー 某超有名大手企業分析マネージャー 某超有名大手企業新規事業担当マネージャー 某有名エンタメ企業新規事業担当マネージャー 他多数 ⇒ 応募先の企業の事を熟知しているため、書類選考は勿論、面接の通過率は抜群! 書類選考でも面接でも、エージェントの力量と経験値次第で選考結果は大きく左右されます。エージェントの存在意義をMOTで実感して頂ければ幸いです。 ⇒ 人事部門以外から情報を直に取得するルートを複数有しているため、現場から生の情報をお届けする事が可能です(秘匿情報を除けば、お答えできない質問はございません)。 MOTでは、不明点を残したまま次のステップへお連れする事は一切致しておりませんので、入社後に辞める人は皆無(ゼロ記録を更新中)! ★ MOTで面談をするまでは連戦連敗だった方が、面談後は連戦連勝に豹変する秘訣 候補者の方々には、転職活動で遭遇する全ての事象を一度リセットして、本質的な部分から全てを見直して頂きます ・ 経歴書に注目! たとえば、「経歴書の枚数は2枚までにして下さい」等と助言をする人材紹介コンサルタントはレジメの意味を全く理解していない人です。 全く見ず知らずの選考官に紙だけで「実績」をアピールをするにはどうすれば良いか、ここを伝授!! ・ 志望動機に注目! ほとんどの方の志望動機は、「それなら別に弊社でなくても良いのでは」と突っ込まれてしまいます。突っ込まれない志望動機を伝授!! ・ 転職(退職)理由に注目! 企業は退職理由のどこを見るのか、ここを伝授!! ・ 面接で受かる人、落ちる人 面接で受かる人には大きな共通点があります、ここを伝授!! 他にも伝授ポイントはまだまだありますが、それらは実際のご面談の際に助言をさせて頂きます。 * プロフェッショナルなエージェントの見極め方 ~ プロの必須条件 Check Point1 経歴書、志望動機、転職理由などの応募書類をどれだけハイレベルに指導助言出来るかどうか。 X X 皆様の提出した応募書類をそのまま受領するエージェントは最低レベル X経歴書を2枚程度にまとめて下さいというエージェントは、この仕事の本質を理解していない素人 ◎ 全く見ず知らずの選考官に、極めて短時間で〔書類選考では1分程度〕皆様の売りを100%伝えられるかどうかがプロの仕事です(詳細は企業秘密なので、弊社との面談でご説明させて頂きます) Check Point2 応募書類を完璧に仕上げられても、面接でどう対応すべきかをハイレベルで指導助言できるかどうか。 X X そもそも、面接対策に時間を割くエージェントが少ない X 具体的で、尚且つその応募先に特化した助言が出来るエージェントは滅多にいない ◎ 全く見ず知らずの選考官に、たった一時間という制約の中で、皆様の売りを口頭で100%伝えられるかどうかがプロの仕事です(詳細は企業秘密なので、弊社との面談でご説明させて頂きます) Check Point3 既にその応募先に実績があるかどうか  X実績が無いエージェントにはノウハウがない(決められない) Check Point4 応募先に関する質問をして、すぐに、正確な回答ができるかどうか X 採用担当者とエージェントには明確な上下関係があるため、そのエージェントが採用担当者に質問をしてもなかなか回答は得られない(無視をされるケースが多い) ◎ 迅速に、正確な答えを返す事ができるエージェントは本物〔弊社のクライアントと弊社には上下関係はありません〕 Check Point5 面談後に勧められる案件の数は単数か、複数か。 X 面談で、複数以上の求人票を出してくるエージェントはリスキー ◎ 誰もがうらやむ人気企業の選考で最も大事な事が、その企業の準備にどれだけ集中できたかどうか(上記の通り、特別なレジメ対策や面接対策が必須) 企業側からすれば、どれだけ自分の会社に対して準備をして頂けたかどうか。 X X 複数の企業の案件を同時に進めてくるエージェントでは決まりません。 皆様の担当エージェントは如何でしょうか。 残念ながら一つも満たしていないエージェントが数多く存在するのが現状です。 「決める〔決められる〕」転職は、是非株式会社MOTへお任せ下さい!
エージェントについてもっと見る
会員登録のお願い

エージェントに話をきくためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

エージェントに話をきくためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。