history2022-11-01
【企業情報部採用セミナー】M&A Banker(M&Aバンカー)
{{hasStocked ? 'folder' : 'folder_open'}}
{{stockCount}}

野村證券 M&A 応相談

どんな仕事か

企業情報部は、ホールセール部門のインベストメント・バンキングに所属しており、東京・大阪・名古屋に100名以上の陣容を有する、日本国内で最大級のM&A執行チームです。日本企業関連のM&Aリーグテーブルでは常にトップランクを維持しています。 <業務内容> ■M&Aアドバイザリー業務。 ■主な業務内容は、企業財務分析、企業価値評価、ストラクチャリング、交渉支援、書類作成支援等のM&A取引の執行(エグゼキューション)に関するアドバイス。 ■M&A取引全般(買収、売却、組織再編等)の顧客に対する提案(オリジネーション)。 ■取引の対象は、国内案件および日本企業が関係するクロスボーダー案件、顧客は日本企業のみならず海外企業も含まれます。 【M&Aアドバイザリー経験者の方 Senior Associate~Vice President】 ■シニアバンカーの案件執行や提案のサポート。 ■M&A実務に関する実践的知識と経験があることを前提に、シニアバンカーを補助して、M&A取引のアドバイスや資料作成を担当。 【M&Aアドバイザリー未経験者の方 Analyst~Associate】 ■シニアバンカー、ジュニアバンカーの案件執行や提案のサポート。 ■アドバイスに必要な資料作成のサポート、基礎データ収集・分析、企業財務分析、企業価値評価等を担当。

必要なスキル・経験

【M&Aアドバイザリー経験者の方 Senior Associate~Vice President】 ■国内外の金融機関、法律・会計事務所、コンサルティング会社、総合商社を含む事業会社などでM&A実務の経験が3年以上あること。 ■企業価値評価、企業財務分析、ストラクチャリング等のスキルを備えており、執行の過程をマネージできること。 ■高い水準の職業倫理、コンプライアンス意識を有していること。 【M&Aアドバイザリー未経験者の方 Analyst~Associate】 ■国内外の金融機関、会計事務所、コンサルティング会社、総合商社を含む事業会社などで、企業財務分析企業価値評価等の業務に携わった経験があること。 ■M&Aその他投資銀行業務に強い関心を持ち、好奇心旺盛であること。 ■高い水準の職業倫理、コンプライアンス意識を有していること。

歓迎条件

■M&Aアドバイザリー業務に関連する資格があれば、なお可(弁護士、公認会計士等)。 ■ビジネスレベルの英語力があれば、なお可。 <任意> ※証券外務員資格: 一種 要(資格がない場合は取得して頂きます)

選考プロセス

[書類選考]→[面接数回]→[内定] ①履歴書、②職務経歴書、③志望動機書(字数制限なし)の3点をご提出ください。 但し、M&Aアドバイザリー経験者の方(実務経験3年以上)については、志望動機書は不要とします。 応募の締切は2022年11月28日(月)です。

想定年収 応相談
ポジション 企業情報部
勤務地 東京都
勤務地への補足 ■勤務地は東京・大阪・名古屋のいずれかとなります。エントリーの際に希望する勤務地をお知らせください。 ■キャリア・ローテーションの一環で、インベストメント・バンキングに所属する他部署に異動する可能性や海外転勤の可能性があります(本人の適性・能力に基づき判断されます)。
会員登録のお願い

エージェントに話をきくためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

エージェントに話をきくためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。