「総合商社が暇だった。40歳まで待てなかった」 ー私はこうして総合商社から外資系投資銀行に転職した
2019/09/06
#投資銀行につながるキャリア #総合商社から飛び出す戦略 #新卒内定者必須コラム

description

人の入れ替わりが激しく、激務高給と言われている投資銀行業界。Liigaの読者の皆様でも、現在投資銀行への転職をご検討されている方や、入社後のキャリアについて気になる方が、多くいらっしゃるかと思います。

今回は総合商社から2回の転職を経て、現在外資系投資銀行のIBDにて勤務されているQさんから、投資銀行転職の戦略から、IBD入社後のネクストキャリア事情まで、幅広くお話を伺いました。



【目次】
・総合商社マンの人間力はすごいが、ハードスキルは身に付かない!?
・外資も日系も、業務内容や働く人のレベルはあまり変わらなかった
・バンカーとしてのテクニカルスキルが高くても、受かるわけではない
・バンカーに人気のネクストキャリアは、ファンドではなくベンチャー

総合商社マンの人間力はすごいが、ハードスキルは身に付かない!?

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る