×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

水滴一つが命取り!?繊細さとスピード感が求められる仕事の実態とは。医薬事業に携わる現役商社マンにインタビュー

はじめに

今回は総合商社で海外勤務をしている方にインタビューを行いました。海外の駐在ではどのようなことをしているのでしょうか。現地に根差して戦う姿が印象的でした。

description

ヘルスケア業界に臨床ではなくビジネスの立場から貢献したくて商社を志望した

- 本日はよろしくお願いします。経歴を教えていただいてもよろしいでしょうか?

都内の薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得した後、総合商社に入社しました。医薬品関連部署に配属後は、主に海外大手製薬会社向けの医薬品原料調達をはじめとする製造サポート業務を担当しました。

その後、並行して医療事業の新規開発チームに参加し、主に事業のパートナー候補の調査や協力体制の構築に注力しました。現在は欧州に駐在し、欧州製薬会社向けの製造サポート業務及び事業企画を担当しています。

- なぜ新卒で商社を志望したのでしょうか?

臨床とは異なる医療への関わ方に面白さを感じたからです。薬学部の主な就職先である薬局、病院はBtoCのビジネスモデルであり、主に患者さんと接しています。

一方で、総合商社は製薬会社を顧客としたBtoBのビジネスモデルであり、創薬と製薬に関わる川上からの川中部分で事業を展開します。患者さんとの距離は遠くなってしまいますが、その分ビジネスの規模やダイナミックさを感じることができると思い入社を決めました。

水滴1つが命取り!製薬の現場

- 医薬品の製造サポート業務を具体的に教えていただけますか?

医薬品は多くの化学合成を経て製造されます。そのため製薬会社は基礎原料や溶媒、反応剤、包装資材に至るまで、多くの原材料を調達しなければなりません。その調達をサポートしているのが我々商社になります。医薬品そのものを調達する場合もありますね。

調達に関しては、「高品質」「低コスト」な原材料を供給できるよう、世界中のサプライヤーから最適なものを提案するよう努力しています。

薬は人間の命に関わるものなので、原料の価格・納期・品質など、製薬企業の厳しい要求に応えるため、何度も電話会議や出張で交渉を重ね、認識のずれをなくし双方が納得したうえで仕事を進める必要があります。

例えば、ある医薬品を日本の製薬会社に輸入した際に、届いた商品に問題がないかを確認する試験(受入試験)の段階で、薬瓶にほんの1滴、液体が付いているのが見つかったとします。

その場合、①液滴は何なのか、②どの過程で発生したのか、③他の商品への影響は無いか、など事態を把握してからでなければ商品を市場に出すことができません。

即座にサプライヤー、商社、製薬会社を繋ぎ電話会議を実施、製造記録及び出荷判定試験、梱包形態、配送ルート、受入試験の方法などを確認、場合によっては我々が現地サプライヤーの工場まで行って詳細状況を聴取することもあります。

医薬品業界を知らない方からすれば、1滴の液滴は細かいことだと思われるかもしれませんが、その液滴が危険な物質であった場合病院で使用することはできません。また原因究明が遅れればそれだけ販売が遅れ、最終的には患者さんの命に関わることもあります。それだけ緻密さとスピード感の求められる重要な仕事をしていると考えています。

医療事業からドラッグストア経営まで。変わっていく商社のあり方

- 今後は売上額が大きい新薬は特許が切れ、安価なジェネリック医薬品に取って代わられると言われています。商社も対応を迫られているのでしょうか?

全世界売上額が1000億円以上の医薬品はブロックバスターと呼ばれており、既にそれら大型品目の特許切れは始まっています。以前は新薬向けの原料供給で稼いでいた商社ですが、ジェネリックの登場を見越してすでに戦略を転換しています。

今の収益源は、事業投資を除けば、ほとんどが新薬の原料供給からジェネリック医薬品の原料供給に取って代わられている状況ですね。しかし、ジェネリック医薬品もいずれピークを迎えます。今の商社の課題はむしろ、ジェネリック医薬品がピークを迎えた後にどのような戦略を立てて生き残るかですね。

一方で、新薬メーカーに関しても、患者数の多い薬はすでに開発の余地が少なく、生き残りをかけて各社得意な領域を絞って薬を製造する方向に進んでいます。製薬会社同士がお互いに自分の得意な領域の事業を譲り受ける事業交換や、オーファン・ドラッグと呼ばれる、患者の数が少なく治療法も確立されていない病気のための医薬品の製造がその一例です。

新薬、ジェネリック医薬品ともに厳しい局面を迎えるため、商社は医薬品ビジネスだけでなく医療事業や薬局事業に乗り出すなど、方向転換を求められています。

私が配属された医療事業に関する新規事業開発チームもその一環で、今まで手を伸ばしていなかった医療の領域に関して、ゼロから事業を考えようというものでした。

様々な人を巻き込み、協力体制を築くところに商社の新規事業の面白さがある

- どうして新規事業チームに配属されることになったのでしょうか?


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
プレイヤーの募集はこちら

【HRマネージャー候補】ITテスト業界のイノベーション・カンパニー

CCCマーケティング 事業企画【弊社限定特典 プロによるレジメ&面接フルコーチング対応ポジション】

【リクルートマーケティングパートナーズ】<年収1000万>◆WEBマーケ◆リモートワーク&副業OK!ガシーな【教育】をWEBの力で変革

【TMI総合法律事務所】弁護士

◆【外資ソフトウェアベンダー】アカウントエグゼクティブ (法人営業)

date_range 2017-05-28

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。