利用規約

「Liiga」を運営する株式会社ハウテレビジョン(以下「弊社」といいます)は、Liiga会員規約(以下「本規約」といいます)を、以下の通り定めます。

第1条(Liiga)

「Liiga」とは、弊社が提供するインターネット上のコミュニティおよびキャリア支援サービス総合サイト(https://liiga.me)および当該サイトに付随するサブサイト、ならびにメール配信その他のキャリア支援サービス、会員を対象とした各種情報提供サービスの総称をいいます。

第2条(会員)

1. 本規約において「会員」とは、弊社の指定する手続きに基づき、本規約を承諾のうえ弊社所定の方法にてLiigaの利用を申込み、弊社がこれを承認した者とします。当該会員登録および承認後、会員はLiigaにおける会員向けサービスを利用できるものとします。

2. 会員はLiigaに会員登録をした時点で、本規約の内容をすべて承諾したものとみなされます。不承諾の意思表示は、Liigaを利用しないことをもってのみ認められるものとします。

3. 弊社が会員として承認することを不適切と判断した場合、入会を認めない場合があります。また承認後であっても承認の取り消しを行う場合があります。この場合の会員登録の処理は第3条にしたがいます。

4. 会員が、自身が登録した個人情報のうちメールアドレスに誤りがあったために第三者からクレーム又は削除依頼があった場合は、弊社が事前の通知なしに当該メールアドレスを削除することにつき、会員は承諾するものとします。

5. 会員が会員登録の抹消を行わない場合または抹消を希望しない場合であっても、会員登録後の半年間にLiigaに1度もログインしなかった場合、Liigaのデータベースメンテナンスの際に会員登録が抹消されることがあります。

6. 弊社は会員への事前の通知なしに、Liigaの会員サービスの変更または一時的な中断を行うことがあります。

7. 弊社は1か月の予告期間をもって会員に通知の上、Liiga全体の提供を中期的に中断もしくは終了することができます。

第3条(会員登録の取り消し)

弊社は、会員への加入を承認した場合でも、以下の項目に該当すると判断した場合は、事前通告なく会員への加入の承認の取り消しおよび会員登録の取り消しを行うことができ、当該会員に対して、Liigaの全部あるいは一部の一時的・完全なサービスの利用停止の措置をとることができます。

1. 申込者が本規約に基づく義務の履行を怠った、あるいはその恐れのある場合。

2. 弊社の運営を妨げたり、信頼を毀損した、あるいはその恐れがある場合。

3. 弊社のサービスを受ける際の登録事項が、故意・過失に関わらず、虚偽・不十分・不正確であった場合。

第4条(会員の禁止事項)

弊社が提供するサービスでは、下記の行為は禁止致します。これに違反した場合、弊社は第3条に準じた手段を採れることとします。

1. 他者の権利を侵害する行為(ストーカー、誹謗中傷等全てを含みます)。

2. 他者の名誉を毀損する行為。

3. 他者の個人情報や他者に属する著作権を侵害する表現を、当該人物の許可なく他の会員や第三者に送付・伝達、Liigaを含むすべての掲示板などへの書き込みをする行為。

4. 政治活動や宗教活動、またはそれらにつながる行為。

5. 自らの身分や出所を偽る、あるいは不明にする行為。

6. 営利を目的として行う一切の行為。

7. 公序良俗に反する行為、犯罪行為またはそれらに関連する全ての行為。

8. 法律、法令違反またはそれらに関連する全ての行為。

9. サービスの目的に反する行為。

第5条(会員の義務)

1. 会員は、弊社が提供するサービスの利用にあたり、弊社に登録しているメールアドレスおよびパスワードを使用するものとします。

2. 会員は、メールアドレスおよびパスワードの使用および管理について自ら責任を持つものとします。会員は、自己のメールアドレスおよびパスワードによりなされた、弊社が提供するサービスにかかる一切の行為およびその結果について当該行為を会員自身が行ったか否かまたは会員自身の過失の有無を問わず、自らその責任を負うものとします。

3. 会員は、メールアドレスおよびパスワードの盗難もしくは失念があった場合、またはメールアドレスおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合、直ちに弊社にその旨を届け出ると共に、弊社からの指示に従うものとします。

4. 会員が、第三者のメールアドレスおよびパスワードを不正に利用したことにより、当該第三者又は弊社に損害を与えた場合、会員は当該不正使用によって生じた損害を当該第三者又は弊社に賠償するものとします。

第6条(登録情報の扱い)

1. 弊社は、会員の個人情報を、第7条にて定める通りに取り扱うものとし、会員は、このことに同意するものとします。

2. 入会の際に会員が申告する登録情報のすべての項目に関して虚偽の申告は一切認めないものとします。

3. 登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の変更手続きを行うものとします。

4. 会員は、Liigaの利用上発生した弊社、会員同士または第三者との間の苦情、クレーム、訴訟について、弊社が要求する事項(文章、口頭による交渉を含むがこれに限定されない)をすべて弊社に対して開示するものとします。

5. 会員は、弊社から随時配信される電子メールの受信を承諾したとみなします。

6. 会員に対して弊社より各種のアンケート調査についてご協力をお願いすることがあります。

7. Liigaにお申し込みをいただいた方には、企業からの委託による企業個別の就職案内、その他のキャリア構築に役立つ無料の情報を電子メールなどの手段により提供できるものとします。

8. 弊社は、登録情報を基に、個人を特定できない形式の統計データを作成し、これを何ら制限なく利用できるものとします。

第7条(個人情報)

1. 「個人情報」とは、会員個人に関する情報であって、当該情報を構成する氏名、メールアドレス、出身学校名、所属企業名その他の記述により当該会員を識別できるものをいいます。

また、その情報のみで識別できない場合でも、他の情報と用意に照合することができ、結果的に会員個人を識別できるものも個人情報に含まれます。

2. 応募先企業などに提供された会員の個人情報は、それぞれの企業の管理の下に、採用・選考業務のために利用されます。企業が管理する個人情報の取り扱いに関しては、各企業に直接お問い合わせください。

3. 弊社は、個人情報の管理には万全の体制で臨みます。弊社は、会員の承認なしに第三者に対して個人情報を公開しないものとします。ただし、以下の場合は弊社の義務は免責されます。

  1. 会員が自分の意志により、特定の企業に対して個人情報を開示した場合
  2. 会員がLiiga上に登録した内容により、意図せずに本人が特定されてしまった場合
  3. 会員が第三者に不利益を及ぼすと弊社が判断した場合に、弊社が当該第三者や警察などの諸機関に対して当該会員の個人情報を通知する場合
  4. 警察や裁判所、もしくはそれに準じる権限を有する諸機関より、個人情報に関する開示を求められた場合
  5. 会員・公衆の生命、健康、財産などの重大な利益保護のため、個人情報の開示が必要だと弊社が判断した場合

4. 以下の各号の場合においては、個人情報の提供を受ける者は、本条の規定の適用に関して第三者には該当しないものとします。

  1. 弊社がサービス提供のための範囲内において、個人情報の整理や保管、デジタル化、発送などの取扱業務の全部または一部を委託する場合
  2. 弊社の合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

第8条(権利の帰属)

弊社がLiigaを通じて提供するサービス上で、会員が掲示した内容により知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウ等を含むがこれに限られない)が発生する場合、当該権利はすべて弊社に帰属するものとします。また、弊社がLiigaを通じて行う募集に対して応募した会員の作品、コンテンツについても同様とします。

なお、Liiga内の情報が、新聞・雑誌などに掲載され、あるいは書籍として出版されることもありますのであらかじめご了承ください。但し、弊社はお名前や住所など、会員個人が識別されるLiiga内の情報(ハンドルネームを除く。)を、正当な理由なく会員の承諾なしに公開することはありません。

Liigaを通じて提供されるサービス上に会員が掲示若しくは投稿した作品若しくはコンテンツ、又は弊社がLiigaを通じて行った募集に対して応募された会員の作品若しくはコンテンツについて、会員は、当該作品若しくはコンテンツが弊社によって公表されること、当該作品若しくはコンテンツが公衆に提供又は提示される際に会員のハンドルネームが表示されること(又は弊社の判断により表示されないこと)、及び当該作品若しくはコンテンツの一部のみを弊社が利用することを了承するものとします。会員は、前記の作品又はコンテンツについて有する著作者人格権を行使しないものとします。

第9条(情報の利用)

1. 会員は、弊社が承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、弊社を通じ当該第三者の承認を取得することを含む。本条において以下同じ)を除き、Liigaを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開その他いかなる方法においても会員の個人としての私的使用以外の使用をすることはできず、また他の会員または第三者をして同様の行為をさせてはなりません。

2. 会員は、営利の目的でLiigaを利用してはなりません。

3. この禁止事項を行った場合も、第3条の措置を講ずることができるものとします。

第10条(弊社の免責等)

1. 弊社はLiigaの利用により発生した会員または他の第三者が被った損害すべてに対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。

2. 弊社は、Liigaおよびその周辺サービスの遅滞なき運用に努力しますが、その運用を何ら保証するものではなく、運用の中断・停止または廃止に基づく損害賠償義務を免責されます。また、やむをえぬ事態により、弊社は、会員の承諾なく、提供サ-ビスの内容の全部あるいは一部を変更・中断もしくは停止あるいは廃止する(改廃を含む)ことができます。

3. 弊社が提供する様々な情報・サービスについては、これの完全性、正確性、有用性および合目的性に対し、弊社はその調査義務を一切負わないものとします。

4. Liigaにおいて提供される情報(企業の採用情報、広告その他第三者により提供される情報)はこの第三者の責任で提供されるものであり、これらの提供情報の内容に関して弊社は一切の保証を行わないことを会員は了承の上、自己の責任において利用するものとします。

5. 弊社は会員を含む第三者から提供された原稿・画像・音声などの情報等を編集・再構成できる権利を持つものとし、会員はこれに対し何ら異義を申し立てないものとします。ただし、弊社はかかる編集等の義務は一切負わないものとします。

6. 弊社が会員に対して提供する情報・サービスについては 、弊社は、これの完全性、正確性、有用性および合目的性に対し 一切の保証をおこなわないものとします。また提供された情報に起因する損害(身体的、精神的、財産的損害を含む)が会員に発生した場合でも、弊社は一切の責任を負わないものとします。

7. 弊社は、掲示板への投稿およびメールの交換を含む会員同士の情報交換について、調査する権利を持ちますが調査義務を負わないものとします。

8. 弊社は会員同士、会員と第三者、あるいは第三者同士のトラブルに対して、一切の責任を負わないものとします。万一 トラブルが発生した場合、これを弊社を含まない当事者同士で解決するものとします。

9. 弊社の提供するサービスに関して紛争が生じ、弊社が会員または第三者からクレームを受け、裁判所において損害賠償その他の責任を認定され、その支払いに応じた場合には、弊社は、当該トラブルの原因を作出した会員に対し、当該紛争にかかる一切の費用(賠償金、訴訟費用および弁護士費用を含む)を請求できるものとします。

第11条(無断転載、再配布の禁止)

Liigaは、弊社の運営するサイト名・サービス名であり、Liiga上の記事・写真・イラストの無断転載、再配布を禁じます。

第12条(管轄裁判所等)

1. 本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義がある場合、信義に則り誠実にこれを解決するものとします。

2. 本規約の準拠法は、日本法とします。

3. 会員と弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

4. 会員が弊社に対し損害賠償請求権等の何らかの請求権を有する場合、会員は、その権利につき、その発生原因が生じた日から1年以内に権利行使をしなければ、当該権利は失効するものとします。

第13条 (規約の変更)

1. 弊社は、会員の了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。また改訂された本規約は、改訂以前、以後に関わらずすべての会員に対して適用されるものとします。

2. 変更後の本規約は、本会が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を生じるものとします。

附則:

2015年12月1日作成/2015年12月1日適用

2016年9月1日作成/2016年9月1日適用