【ケース問題を徹底解説】新商品の目的や展開業務プロセスを踏まえた、フェルミ推定の論点設定

はじめに

今回も、現役コンサルタントの方に、ケース問題の解答方法について解説していただきました。ぜひご覧ください。

description

導入: 本コラムの趣旨

今回のコラムでは、例題から面接官の出題意図を探ることで、問題の重要論点を探っていきます。

ケース面接の中でも、特にフェルミ推定となると、ついつい数値計算にばかり意識が行ってしまいがちです。しかし、長い問題文の場合は、様々な情報や制約が付けられているため、ビジネスケースと同様、論点の把握が必要です。また、面接中に議論する内容も、問題文から抽出したポイントをもとに、強弱をつけないと、有意義な議論にはなりえないでしょう。

これらの場合、ビジネス的視点で物事を見る(ビジネスの当事者になりきって考える)ことが一番重要です。ビジネス的視点に立てば、施策は「どのような目的」「具体的にどのような業務上の検討内容・プロセス」にて展開されるのでしょうか。今回は、この「ビジネス的視点で物事を見る」ことについて、解説します。

今回は、「2種類のよくある見落とし」をメインに解説しつつ、最後に「最終結果の数値の妥当性検討」に関する解説を加え、計3つの内容になります。

ここからは、例題に沿った解説を行います。Liigaコロッセオにて出題された問題を利用しますので、ぜひコロッセオを解いたうえで、本コラムを読んでみてください。今回解説するのは、以下の例題です。

クライアントはコーヒーメーカー事業を行っています。この会社は、コーヒーメーカーの機械を無料で提供し、インスタントの粉の販売によって売上を上げています。

これまで、クライアントのコーヒーメーカー&インスタントの粉は、味に改善余地があると、お客さんから意見をいただいていました。そのため、技術開発を重ね、レギュラーコーヒー並みの味が実現できるコーヒーメーカーを開発しました。

さて、この新しいコーヒーメーカーの方を積極的に展開していこうと考えています。このコーヒーメーカーを導入した場合、コーヒーメーカーの機械の製造費用を回収するのに、どの程度の期間が必要か計算してください。

※今回の問題は、一見すると普通のフェルミ推定にみえます。しかし、本当に「単純なフェルミ推定」として考えてよいのか否か、考えてみます。

問① 「コスト」としてどのような項目があるか、洗い出してください
問② 回収期間を推定するための計算式を記述してください
問③ 問②の計算式の中に、「コーヒーメーカーの本体価格のような、導入に関するコスト」があったと思います。この数値を設定するうえで、注意すべきことを提示してください。
問④ 問②の計算式の中に、「インスタント粉の販売数(販売量)」に関する項目があったと思います。この数値を推定する上で、あなたであれば何を考慮に入れるべきと考えるか、考慮すべきことの一覧を提示してください(※具体的な数値を計算・推定する必要はありません)。

問題を解きたい方はこちら

今回のフェルミ推定は、コスト部分の分析が難しい

まず、上記の例題は、形式的にはフェルミ推定にあたるでしょう。ただし、一般的なフェルミ推定は、売上のような特定の1項目を推定させますが、今回の場合、売上とコストという2項目を推定し、製造費用の回収期間の部分で2項目のバランスを見ているというのが、現実的な解釈かと思います。そのため、少し難易度が高そうです。

さて、今回のフェルミ推定ですが、売上側は簡単そうです。そもそもコーヒーメーカーを無料で提供するので、実質的には「インスタント粉」から発生する売上がほとんどを占めるでしょう。

では、コスト側はどうでしょうか。実はこちらには様々な項目があり、少々難易度が高いです。主に見逃されるのは、以下の2つの視点ですので、それぞれ分けて解説していきたいと思います。

見落とし①: 巡回・メンテナンスに関わるコスト

さて、コーヒーメーカーは、導入すれば終わりではありません。

まず、コーヒーメーカーを利用していれば、メンテナンスが必要になります。たとえば、機器の洗浄(汚れ、カビなど)や、部品の交換などです。一部は顧客にやってもらうことも可能でしょうが、ある程度はメーカー側で負担せざるを得ない業務です

(顧客側が中途半端なメンテナンスを行えば、コーヒーメーカーの耐用年数が短くなり、メーカー側のコスト増にもなりえます。また、部品交換を一般的な顧客に任せるのが酷な、複雑な仕組みのマシンも多いでしょう)

次に、インスタント粉は消耗品なので、当然補充の必要があります。メーカーの担当者が補充のために巡回するコスト(人件費など)が必要でしょう(※ただし、この補充は顧客にやってもらうことも不可能ではありません。しかし、機器のメンテナンスで巡回仕手いるのであれば、その時補充するのが妥当な気もします。)。

(なお、実質的に巡回・メンテナンス費用と関連が高いと思われる項目に、営業費用・営業担当者の人件費がありますが、今回は詳細を割愛します。)

見落とし②: 既存の旧型コーヒーメーカーを置き換えることによる損失

この部分については、残念ながら言及できる方が少ない印象です。

まず、今回のフェルミ推定は、「新商品の展開」に関するものです。ビジネス的な視点(ビジネスの施策推進者の立場)で見たとき、この「新商品の展開」によって達成したいことは、当然のことですが、売上・収益の最大化になるでしょう。

コーヒーメーカーの新商品を開発・導入するにあたって、どうしても新規導入のお客さんばかりに意識が行ってしまいます。しかし、そもそも、新規のお客さんだけに限定する理由はないでしょう。既存のお客さん(自社の旧型コーヒーメーカーを導入済み)への導入検討がなされてもいいはずです。

もし、旧型コーヒーメーカーを新しく置き換えることによって収益がUPするのであれば、ビジネス的な合理性を考えたとき、コーヒーメーカーの置き換えの施策が実施されるでしょう。

ただし、コーヒーメーカーを置き換える場合には、別のコストが発生します。まず、古いマシンの原価償却が終わっていない場合、旧型コーヒーメーカーの導入費用の残りをコストとして反映する必要があるでしょう。

また、仮に減価償却が終わっていたとしても、旧型コーヒーメーカーがそのまま置かれていた場合に将来発生するはずであった利益がなくなってしまうので、その利益を新型コーヒーメーカーのコストとして反映する必要があるでしょう。

以下、上記2つの見落としについて、より詳細を考えていきます。

見落としを防ぐ考え方:巡回・メンテナンスに関わるコスト(見落とし①)

さて、少なからず、コーヒーメーカー導入場所への巡回やメンテナンスの費用を見落とす方がいますが、どうすれば防げるのでしょう。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2017-10-03

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。