「戦略コンサル・外銀出身者でも、内定は一握り」外資系PEファンドの中の人が語る、PEファンドに受かる人・落ちる人
2019/10/25
#ファンドにつながるキャリア #投資ファンド業界事情 #ファンドへの転職成功事例集 #ファンドの志望動機

description

投資銀行や戦略コンサルティングファーム出身者のネクストキャリアとして人気のPEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)。しかし、PEファンドの選考難易度は高く、投資銀行や戦略コンサル出身者でもオファーをもらうのは至難のわざです。

そこで今回は、20代で投資銀行から外資系PEファンドへの転職に成功した東さん(仮名)に、「PEファンドに受かる人・落ちる人の特徴」や「PEファンドの選考内容や選考のポイント」について詳しくお聞きしました。



【目次】
・PEファンドは、戦略コンサル・投資銀行出身者でも狭き門
・若すぎても、歳を取りすぎてもダメ。スイートスポットは30歳前後
・キャリアで劣るジュニアクラスは「心意気」で勝負せよ
・選考内容は、四季報を渡して「あなたはこの会社に投資しますか?」
・PEファンドに強い転職エージェントを探せ

PEファンドは、戦略コンサル・投資銀行出身者でも狭き門

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る