×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

国内就職した僕が、Amazonシアトル本社で働くようになった3つの理由 | 海外就職のすすめ(1)

description

初めまして。ゆうと申します。

2013年に日本のIT系メガベンチャーの駐在員としてサンフランシスコに赴任し、その後紆余曲折あって、現在はAmazonのシアトル本社でプロダクトマネージャーをしています。

今回、Liigaで「海外就職のすすめ」という連載記事を始めることになりました。
この連載では、海外、特にアメリカでの就職について、現地での働き方やアメリカで就職するためのポイントなどをお話していこうと思っています。

記念すべき第1回では、生まれも育ちも日本な僕が、どのような紆余曲折を経てAmazonのシアトル本社で働くようになったのかについて書きます。

〈Profile〉
ゆう
東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了。外資系コンサルティング会社で数年の経験を積んだ後、IT系メガベンチャーに転職。2013年に同社の現地駐在員としてサンフランシスコ支社に赴任。2017年、サンフランシスコ支社の閉鎖を受けてAmazonシアトル本社に転職。プロダクトマネージャーを務める。アメリカ生活7年目。アメリカでの半年間の就職活動経験を活かし、英語や海外就職について発信中。
▶Twitter:@honkiku1
▶Blog:もう本当に効く英語の勉強しかしたくない
▶Note:海外就職攻略の教科書

※記事の内容は全て個人の見解であり、所属する組織・部門等を代表するものではありません。




【目次】

・力試しで受けたTOEICで○○○点!「失意のどん底」に

・「まさか自分が」。現地採用の人間は全員即解雇の衝撃

・無職のまま4カ月。落ちまくった転職活動で救ってくれたのはコネ

・まとめ:僕がAmazonシアトル本社で働くようになった3つの理由

description

力試しで受けたTOEICで○○○点!「失意のどん底」に


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
date_range 2019-11-03

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。