「給料は2倍になった。でも2週間で辞める人も…」GAFA実力主義の実態
2020/04/01
#GAFAでの働き方 #ITベンチャーで年収を最大化する #外資メーカーのマーケターとは #日系メーカーから脱出する

description

「高給」「働きやすい」そんなイメージがあり、転職先としても人気のGAFA(Google、Amazon、Facebook、Appleの通称)。しかし、不安に思う方もいるかもしれません。巨大IT企業のシビアな実力主義が自分に合うのかと。

そこで今回は、新卒で外資系メーカーに入社後、GAFAの中の1社へ転職した佐々岡悠人さん(仮名)に、「巨大IT企業ならではのカルチャー」「求められる仕事のクオリティ」などについて聞きました。

〈Profile〉
佐々岡 悠人(仮名)GAFA 事業開発マネージャー
大学院を修了後、新卒では大手外資系メーカーに就職。同メーカーでは日本支社にエンジニアとして配属されたが、営業センスを買われてセールス職として本社へ異動。その後ヘッドハンティングによりGAFAの中の1社へ転職。現在は事業開発マネージャーとして勤務。
【目次】
・BtoCのスピード感を求め、リファラル経由でGAFAへ転職
・数字は0.01%まで追求…プレゼンでパワポ禁止…想像以上だったGAFAの厳しさ
・GAFAの面接でウソは禁物。「落とし役」の突っ込みは“半端ない”
・外資系メーカー→GAFAで給料は倍に。ここ以上の待遇は考えられない

BtoCのスピード感を求め、リファラル経由でGAFAへ転職

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る