「投資銀行では、解雇は常にありうるもの」 米系投資銀行NY本社での“チーム全員即日解雇”を乗り越えて 【解雇からのV字回復 Vol.1】

description

世界的な景気の落ち込みに伴って、解雇のリスクを感じている人もいるのではないでしょうか。とりわけ、海外本社などに勤める人の場合、いつ即日解雇を言い渡されるかもわかりません。

大垣国弘さん(仮名)は新卒で米系投資銀行の東京支社に、ソフトウェア・エンジニアとして入社。その後、米国ニューヨーク本社に転籍しましたが、それから5年弱が経過したある日、チーム全員が即日解雇になりました。

しかし大垣さんは特に慌てることもなく、1カ月ほどで自分を解雇した同じ投資銀行の別チームへの「転職」に成功。現在は同社資本市場部のトレーディングチームでソフトウェア・エンジニアとして活躍しています。

今回は、金融の本場ニューヨークで体験した「解雇時の実際の手続きや空気感」「転職活動の進め方」、そして「苦境に立たされても変わらず活躍し続けるための心構え」についてお聞きしました。

〈Profile〉
大垣国弘(仮名) 30代 米系投資銀行 ソフトウェア・エンジニア。
日本の国立大学を卒業後、新卒で米系投資銀行日本支社に入社。トレーディングシステムのソフトウェア・エンジニアとして経験を積んだのち、アメリカ本社に転籍する。転籍から約5年で解雇されるが、1カ月後に別チームへの転職に成功。現在に至る。


【目次】
・米国本社転籍を目指し、15時間の通常業務の後に徹夜でプログラミングを勉強
・雪の降る朝の唐突な解雇。自席にも戻れぬまま建物外に出された
・スキルと人脈を活用して、元の会社から複数オファーを獲得。「転職は新卒の就活よりよほどラク」
・「米国の投資銀行では、解雇は突然雨に降られるのと同じくらいありふれたもの」

米国本社転籍を目指し、15時間の通常業務の後に徹夜でプログラミングを勉強

――大垣さんの経歴について簡単に教えてください。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2020-06-10

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。